【浮気心に潜む深層心理】男の本音・欲求やいかに?


私は心理カウンセラーになる前、風俗店を相手にする広告の仕事をしていました。

風俗で働く女の子達、そして、浮気心で風俗店を利用する男性客の双方の間に立っていろんな話が聞ける職場でした。

そのような環境に14年いましたが、これだけ長くいると良心や道徳観念では抑えきれない人の本音や欲求にじかに触れることができて、白黒はっきりつけるように性に対して善し悪しの判断を下すことがいかに無意味であるかを感じるようになりました。

この記事は、以上のような経歴を持つ心理カウンセラーが実際に男女の本音を見聞きして分かった「浮気心に潜む深層心理」を心理学的に説明したものです。 

 浮気をする男の本音

仕事柄風俗店の内部に通じたからこそ分かったことですが、実際にお店で人気が出る女の子達には共通するある特徴があります。

それは、男性の疲れた心を癒すムード作りが上手なことです。

具体的には以下の2つのタイプが多いようです。

1:天然系と言われる「やや間の抜けたような雰囲気」や「柔らかいリアクション」をする女の子。
2:気配り・目配りが行き届いていて、愛嬌が良く、よく気が利く女の子。

男性客はこういった女の子達に会いに行って、厳しい競争社会で自らを守るために身につけている重たい鎧を脱ぎ、心も体も素っ裸になって溜め込んだストレスや不安を解消しているのです。

ただただ性欲や浮気欲を満たすためだけではないというのが彼らの本音です。

実際に風俗店を利用する男性側の本音を伺うと、彼女達の笑顔を見たり、優しさに触れると「ほっ」とするとか、気が抜けるとおっしゃいます。

それは彼らが彼女達と一緒に居る時だけ自然体の素の自分を見せられるからに他なりません。

 浮気心に潜む深層心理

心理学的に「性的感情の高揚」は不安や怖れ、ストレスを解消する手段の一つとされています。

この考えを引用すると、浮気をしてまでセックスを求める男の深層心理には、表面からは伺い知れない不安や怖れ、ストレスが潜んでいる可能性が考えられます。

また、それらの不安や怖れ、ストレスを同僚や友達、パートナーに話せれば彼らの心も少しは楽になるのでしょうが、彼らが孤軍奮闘している場合、それらを手早く解消する手段としてセックスを求める本能的な衝動が湧き上がってくるのでしょう。 

 浮気心のある男を引き留める方法とは?

彼らが風俗や浮気でしかセックスができないのは、必ずしも夫婦仲が悪かったり、パートナーのことを愛していなかったりではないようです。

そこには各家庭によって様々な理由が考えられますが、セックス以外に彼らの不安や怖れ、ストレスを解消してあげられる手はあります。

それは、美味しい食事です。

「男をつかむなら胃袋をつかめ」と昔からよく言われますが、心理学的にも食体験は愛情体験と言われています。

これは母乳が人生最初の外界からの贈り物であることと関係し、授乳体験によって母親の愛情を獲得してきたという記憶を皆が持っているためです。

また、胃腸が消化のために動き出せば、自律神経がリラックスモードに切り替わるので、生理的にも心が落ち着きます。

 

浮気する男に対して女性側が呵責したい気持ちも相当なものであることは承知していますが、彼らの深層心理には不安や怖れ、ストレスが潜んでいることを理解して、もし円満に済ませたいと思ったならば、まずは食事から変えてみることをオススメします。

とにかく美味しい食事で腹と愛情飢餓を満たしてあげてはいかがでしょう。

 

心理カウンセラー&ボディーワーカー
大脇秀一郎

心から幸せを感じられない時はいつでもご連絡ください。
「サロン 禅」ホームページへ
≫ カウンセリングQ&A

 

 

関連記事

見捨てられ不安が強い恋愛不安症とは?

恋愛共依存とは?

セックス依存とは?

恋愛依存とは?

 

 


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

「恋愛依存・見捨てられ不安克服」の無料相談はこちら

今すぐ無料相談に申込む