誰にも悩みを相談できない人の心理とは?【その克服法は?】


誰にも悩みを相談できない人はたくさんいます。

今はカウンセラーをしている私も以前はそうでした。
ですから、母親に相談できる妹や、好きな人の相談なんかをしている友達を見ていて、内心ではとてもうらやましく思っていました。
私には自分の本音をさらけ出したり、弱みを見せたりすることにとても抵抗があったのです。

他にも悩みを相談できない人の中には、人に迷惑をかけたらいけないと思っている人や、人に素直に甘えられない人もいます。

そして、こういう人達は大抵、悩みがあっても自分だけでなんとかしようとします。
我慢したり、自己説得したり、自己批判をしたり・・・

ですが、実際はこのような人ほど、心の問題を引き起こしやすい。

どうしてかといいますと、そもそも人間は社会的な動物の部類で、たった独りでなんとかできるほど強くはできていないからです。
つまり、自分だけでなんとかしようとすること自体が不自然であるため、自然治癒力が働かないのです。

 

その代わりに、人間には元々、他者と親密に関わることによって癒される生理的メカニズムが備わっています。
心が辛くてしんどい時は他者を通して自分自身を癒せるようにできているのです。

その代表的なものがオキシトシン系と言われるホルモンになります。
「愛情ホルモン」とか「幸せホルモン」とも呼ばれているものです。

 

 悩みを人に相談できる人とできない人の違い

オキシトシンというホルモンによって、人は他者を信頼し親密な関係を築けたり、保護を受けたりすることができます。

ですから、オキシトシン・システムが発達している人ほど、人の力を上手に借りることができるのです。
そして、そのような人はストレスを受けても不安や恐怖といった感情が起きにくく、自律神経系のバランスも整いやすい。
心の安定を保ち、自己肯定感(=健全な自己愛)が高いのもこのタイプの人です。

 

反対に、オキシトシン・システムの発達が十分でないと、他者を信頼し親密な関係を築くことが難しいため、人の力を借りることが上手にできません。
そして、同じストレスを受けても不安や恐れを過剰に感じやすく、自律神経系のバランスも乱れやすくなります。
また、心の中には漠然とした不安や憂鬱感を常に抱えていて、自己肯定感(=健全な自己愛)も低くなります。

 

つまり、他人に相談ができず、他人の力を上手に借りることができない人というのは、オキシトシン・システムが健全に発達していないのです。

では、オキシトシン・システムが健全に発達している人と、不十分な人との差は何によって生じているのでしょうか?

次のページへ ≫

 

【不安・イライラ・マイナス思考・自己呵責】で
お悩みの方に無料プレゼント!

↓ ↓ ↓ 

rgst_mailmagazine2

 今すぐ無料で登録する方はこちら ≫

 

関連記事

見捨てられ不安が強い恋愛不安症とは?

恋愛共依存とは?

セックス依存とは?

恋愛依存とは?

 

 


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

「恋愛依存・見捨てられ不安克服」の無料相談はこちら

今すぐ無料相談に申込む