小林麻央さんのブログを読んで

人に相談できない悩み

癌を患った小林麻央さんに起こった大きな心の変化とは?


blogmurabannerhm002

yajikiiro 心の調子が悪いなぁ…でもどうしたらいいんだろう?という方はコチラ

テレビで小林麻央さんの「なりたい自分になる」というブログ記事が紹介されていたのが目に留まって、気になってブログを読ませていただきました。

「なりたい自分になる」という言葉は、普段私のところへカウンセリングに来られる方からよく聞く言葉です。
ですから、小林麻央さんの心境に何があったのかとても気になったのです。

 

記事の冒頭からすでに小林さんの心境には大きな変化が起こっていることがよく分かります。

それは小林さんが出会われた良い先生のおかげのようです。
信頼できる先生と出会われて本当によかったですね。
先生からの「癌の陰に隠れないで」というお言葉に励まされてブログを書くことを決めたとのことですが、そんな小林さんの決意を聞いてご家族はとても驚いたそうです。

そして、その後には以下のような心境をつづっておられます。

時間の経過とともに、
癌患者というアイデンティティーが
私の心や生活を大きく
支配してしまっていることに
気がつきました。

元気になったら
元の自分や生活に戻れるのだから
それまでは、
誰にも知らせず、心配をかけず、
見つからず、、と思ってきました。

乳がんであることが突然公になり、
環境はぐるぐる動き始めました。

そこで、
これまで以上に病気の陰に隠れようとして
心や生活をさらに
小さく狭いものにしてしまいました。

私は小林麻央さんのように大病を患った経験はないですが、病気になった自分を誰にも見られたくない、と思う気持ちはきっと私の中にも芽生えるだろうと思います。

私は以前、会社を経営していた時に大きな失敗をして潰れそうになったとき、しばらく家に引きこもっていた経験があります。
周りの目がやけに気になって、みじめに思われたくなかったからでした。

そして、私も小林さんと同じで恩人に巡り会ったおかげで窮地を脱しました。
彼は私にこう言いました。
「泣いてもいい」と。

「悔しいんだろうから我慢しないで泣いていい」と言ってくれたおかげで、何かが吹っ切れ、自然治癒力が働いて窮地を乗り越える活力が出たのだと思います。

 

「ありのまま」とは自分を偽らないことです。

どんな自分も、それがたとえみじめであっても、自分を責めずに、「ありのまま」の自分をしっかり表現できることです。
ですから、みじめさを隠したり、偽ってそうではない振りをしたりなどしません。
それは、他者に対してもそうですが、肝心なのは自分自身に対してもそうであるということです。

小林麻央さんの「解放」という別の記事にはそのことがよく表現されています。

私は痛み止めを飲むのが嫌で、

でも、癌の痛みで
限界を感じて、ようやくようやく
薬を飲んだとき、

身体の痛みが和らいで、
なんだかわからないけど、

「許されていく」感覚がしたのです。

そのときの
痛みから解放されていく
「和らぎ」が今でも忘れられません。

思ったのです。

何で頑に
こんなに自分を苦しめる必要が
あったのだろう。

私、悪いことしたから病気になった
わけでもないのに、
なんで勝手に罰みたいに
苦しんでいたのだろう。

不思議なもので、
あんなに苦しんだ痛みは
少しずつ忘れたけど、

あのときの、
痛みから解放されていく感覚は
きっと忘れません。

それほどの意味もないのに、
それほどの理由もないのに、
自分を許さないなんて
あまりに自分に対して可哀想だったと
思います。

「許す」という小林さんの言葉が「ありのまま」をとてもよく象徴していると私は思うのですが、これまで小林さんは自分を許してこなかった。

ですが、やっと癌患者であるというアイデンティティーを持つ自分を心から許せたとき、彼女は「解放」されました。

そして、自分を許せたことで「解放」されるというこの上ない和らぎの感覚を一度味わってみると、今までそうしてこなかったご自身が可哀想だったと思えた。

何で頑に
こんなに自分を苦しめる必要が
あったのだろう。

本当に自分を許した経験がないと小林麻央さんの言葉の重みは分からないかもしれません。

先に紹介した私の恩人は、人は大病や大きな事故に会うと心に大きな変化が訪れるといつもおっしゃっています。
小林さんのブログを読ませて頂いて、実際に彼女にも大きな心の変化が起きていることがよく分かりました。

お子様がまだ小さいのに、生死に関わる病を患って私には想像もできないほど辛い思いをされているでしょうが、心の変化は自然治癒力を高めると信じていますので、どうか頑張って下さい。

 

心理カウンセラー&ボディーワーカー
大脇秀一郎

心から幸せを感じられない時はいつでもご連絡ください。
「サロン 禅」ホームページへ
≫ カウンセリングQ&A 

こんな記事もあります。

hnhp001

hnbn170127

↓ ↓ ↓この記事をご覧いただきありがとうございます。あなたの応援クリックの1つ1つが励みになります

blogmurabannerhm002


関連記事

  1. ポジティブ思考の危険性

    悩み・ストレス解消法

    警告!ポジティブ思考の信者になってはいけない!

     「警告!」なんて、少し過激なタイトルになっていますね。私と実際にお会…

  2. 人にNOと言えない人は自己愛や自己肯定感が弱い

    自分を好きになる方法

    自己愛(自己肯定感)が弱いと人にNOと言えない!

    15年近く前のお話です。当時、私はビジネスマンをしていてまだ駆け出しだ…

  3. 悩みを人に相談できないのはどうして?

    人に相談できない悩み

    誰にも悩みを相談できない人の心理とは?【その克服法は?】

    誰にも悩みを相談できない人はたくさんいます。今はカウンセラーをしている…

  4. 心が辛くてしんどい時は悪いことが続くのはどうして

    人に相談できない悩み

    心が辛くてしんどい時、悪いことが続く理由とその解決法

    (注意)この記事は、前の記事からの続きになっています。前の記事をお読み…

  5. ボジティブ思考と距離を取ろう

    悩み・ストレス解消法

    No ポジティブ思考! You can cry.

    今の世の中はテレビや本でも悲しみや苦しみを避けようとするポジティブ思考…

  6. 実は自己愛や自己肯定感が弱いナルシスト

    自分を好きになる方法

    ナルシストは本当に自己愛(自己肯定感)が強いの?

    インターネットで「自己愛」を検索して出てくる多くの記事だったり、広辞苑…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

相互リンク集

カウンセリングルーム・メンタル系サイト検索『こころのWeb.com

 

心理カウンセリング
心理カウンセリングに関する情報やサイトを紹介。心理カウンセラー、相談所なども地域で検索。各種類別にカウンセリングに関する情報サイトを登録・掲載しています。ホームページ作成をお考えの方にぴったりのサイトを掲載。登録・利用は無料。

 

心理カウンセリングサーチ

 

【心理カウンセリング相談.COM】

ar
2017年9月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
  1. 心が辛くてしんどい時は悪いことが続くのはどうして

    人に相談できない悩み

    心が辛くてしんどい時、悪いことが続くのはなぜ?
  2. 境界性パーソナリティ障害はリストカットしやすい性格に多い

    パーソナリティ障害の改善

    リストカットする人に多い性格~境界性パーソナリティ障害とは?
  3. 心を穏やかにする方法「ジャーナリング」

    悩み・ストレス解消法

    【イライラしない方法】いつでも心を穏やかに保てる奇跡の習慣
  4. 依存性パーソナリティ障害は人にNOと言えない。

    パーソナリティ障害の改善

    依存性パーソナリティ障害の分かりやすい診断方法
  5. シゾイドパーソナリティ障害にオタク系の性格が多いのはなぜか?

    パーソナリティ障害の改善

    オタク系に多い性格~シゾイドパーソナリティ障害とは?
PAGE TOP