不定愁訴である頭痛、吐き気、腹痛はストレスが原因

ストレスと体の関係

慢性的な頭痛、吐き気、腹痛はストレスを疑え! 不定愁訴とは?


blogmurabannerhm002

yajikiiro 心の調子が悪いなぁ…でもどうしたらいいんだろう?という方はコチラ

 ストレスが原因の頭痛や吐き気、肩こり、腹痛・・・

  1. 【うつ病予備軍】ストレス性の頭痛や吐き気、肩こりや腹痛は要注意!
  2. ストレスが原因の腹痛や吐き気、肩こりや腹痛を改善するには?
  3. 慢性的な腹痛や吐き気、肩こりや腹痛はストレスを疑え!【不定愁訴とは?】

    要参考ストレスチェック

 

 不定愁訴とは?(慢性的な頭痛、吐き気、腹痛など)

現代はストレスが当たり前の社会ですよね。

日々、私たちは様々なストレス状況を生きており、その過酷さゆえににうつ病を患っている人が日本ではなんと600万人もいるといわれています。

そして、その2~3倍もの人々がある症状に苦しめられていると言われているのですが、それは一体何だと思いますか?
ストレスが原因で起きる最も身近な症状や病気なのですが・・・。

答えは不定愁訴と呼ばれる自律神経失調症状身体表現性障害という病気になります。

不定愁訴の様々な症状

頭痛、吐き気、めまい、動悸、首の痛み、肩こり、胸痛、背中の痛み(肩甲骨など)、腹痛(胃痛、下腹部痛を含む)、腰痛、下痢、慢性疲労、だるさ、食欲の減退、性欲の減退、集中困難、判断力の低下、気力・意欲の低下、眠気、不眠、等々、
様々な形を取って現れ、2つ以上の症状が見られると注意が必要です。

これらの症状が不定愁訴と呼ばれる理由は、病院へ行って検査を受けても異常が見つからないためです。

 

 不定愁訴(慢性的な頭痛、吐き気、腹痛など)の改善が困難な理由

病院へ行って検査を受けても異常が見つからない、原因不明のために、改善が難しいというのが不定愁訴の特徴なのですが、実は改善を困難にしているのはそれだけではありません。

症状にストレスが関与しているという自覚が患者様にないことも改善を難しくしている大きな要因になっています。

なぜ、患者様にストレスの問題だという自覚がないのかというと、ストレスに対する知覚が麻痺してしまっているからです。

 

人はストレスを受けると、交感神経が優位になってテンションが上がるようにできています。

それは本来、ストレス状況(危険、不安・怖れ)を適切に乗り越えることを目的にして脳と身体が生み出した危機回避モードの状態なのですが、そのテンションの高さゆえに脳が冴えて仕事がはかどったり、私生活では無理して遊べたりもします。

ですから、若い時は自分がストレスを受けてハイテンションになることを仕事や遊びに有効活用できてしまうのです。

そのため、ストレスを受けても辛いということはできるだけ感じないようにして、ハイテンションの状態だけを維持しようとするために、そういうことを長く続けていると、いつの間にかストレスを受けても辛いということが感じられなくなって知覚が麻痺してしまうのです。

 

しかし、ハイテンションが続く状態が心と身体の限界値を超える日がいつかはやってきます。

はたと気づくと、ハイテンションによってこれまで蓄積してきた疲労のために、首や肩が凝っているのが当たり前になっていたり、常に疲れやすく、だるい状態が続いていたりするようになります。

ひどいケースになると、そういう状態にあってもどこが悪いのか分からないという人もいます。
そういう人は、ストレスの知覚だけでなく、身体の感覚までもが麻痺してしまっているのです。

 

また、うつ病は、こういった状態の時に適切な処置を受けずに、ストレスの知覚麻痺のためにストレスを溜め続け、とうとう脳と身体が悲鳴を上げた時に発病します。

若い頃から体力に自信があって、自分では疲れていないと思っている人が、ある日を境に突然、「ガクッ」ときてうつ病になったりするのはそのためなのです。

 

 慢性的な頭痛や吐き気、腹痛はストレスを疑え!

以上から、不定愁訴(慢性的な頭痛、吐き気、腹痛など)がこじれる大きな要因は、患者様がストレスの知覚麻痺を起こしているために、自分がストレスを溜めていることを自覚できていないということになります。

ですから、まずは、ストレスによって起きる精神的な病気にはうつ病のような精神疾患だけでなく、身体の変調や不調をきたすものがあることを知っておいてください。

また、自分に不定愁訴があっても思い当たるストレスがないからといって、心療内科やカウンセリングに行くことをためらっていると本格的なうつ病に進展してしまい、結果的に失業したり、家庭崩壊などに陥るケースもよく見受けられます。

カウンセリングで話を聞いてもらっているうちに思ってもみなかったストレスに気づくことができたり、肩の荷が降りてスッキリしたりしますので、慢性的な頭痛や吐き気、腹痛などで苦しんでおられる方はお早めにカウンセリングや心療内科を受診されることをオススメします。

≫ 要参考:ストレスチェック
不定愁訴でお悩みで、ストレスを溜めているという自覚がない方はぜひストレスチェックをされてみてください。

 

心理カウンセラー&ボディーワーカー
大脇秀一郎

心から幸せを感じられない時はいつでもご連絡ください。
「サロン 禅」ホームページへ
≫ カウンセリングQ&A 

  ストレスが原因の頭痛や吐き気、肩こり、腹痛・・・

  1. 【うつ病予備軍】ストレス性の頭痛や吐き気、肩こりや腹痛は要注意!
  2. ストレスが原因の腹痛や吐き気、肩こりや腹痛を改善するには?
  3. 慢性的な腹痛や吐き気、肩こりや腹痛はストレスを疑え!【不定愁訴とは?】

    要参考ストレスチェック

 

hnhp001

hnbn170127

↓ ↓ ↓この記事をご覧いただきありがとうございます。あなたの応援クリックの1つ1つが励みになります

blogmurabannerhm002


関連記事

  1. 頭痛、吐き気、肩こり、腹痛でお悩みであればストレスチェックを!

    人に言えない心の病

    ストレスチェック・スタート!

      ストレスが原因の頭痛や吐き気、肩こり、腹痛・・・【うつ病予備軍】ス…

  2. 悩みを人に相談できないのはどうして?

    人に相談できない悩み

    誰にも悩みを相談できない人の心理とは?【その克服法は?】

    誰にも悩みを相談できない人はたくさんいます。今はカウンセラーをしている…

  3. 不安が強い人が取る行動とは?

    不安とうつの克服

    知っておくべき!不安が強い人の典型的な異常行動

     世の中には外見からは見分けがつかなくても、内面に強い不安を抱えている…

  4. だるい、眠い、疲れやすいの原因は自律神経の乱れ

    ストレスと体の関係

    自律神経の乱れが及ぼす悪影響【だるい、眠い、疲れやすいの原因】

     ストレスが体に及ぼす悪影響自律神経の乱れだるい、眠い、疲れやすいパニ…

  5. 不安で仕方がない方は上手な不安との付き合い方を学びましょう。

    不安とうつの克服

    不安との上手な付き合い方|不安で仕方がない方へ

     不安で仕方がないという悩みを解決!上手な不安との付き合い方意外と知ら…

  6. パニック発作が起こったら心身のストレスを振り返ることが大事です。

    人に言えない心の病

    パニック発作はストレスを疑ってまずは十分な睡眠を取りましょう

     パニック障害1:パニック発作の原因と症状2:パニック発作は鼻呼吸で克…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

相互リンク集

カウンセリングルーム・メンタル系サイト検索『こころのWeb.com

 

心理カウンセリング
心理カウンセリングに関する情報やサイトを紹介。心理カウンセラー、相談所なども地域で検索。各種類別にカウンセリングに関する情報サイトを登録・掲載しています。ホームページ作成をお考えの方にぴったりのサイトを掲載。登録・利用は無料。

 

心理カウンセリングサーチ

 

【心理カウンセリング相談.COM】

ar
2017年11月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
  1. 身体表現性障害とは?

    ストレスと体の関係

    ストレスが原因で体が痛む「精神的」な病気|身体表現性障害とは
  2. 不安が強い人が取る行動とは?

    不安とうつの克服

    知っておくべき!不安が強い人の典型的な異常行動
  3. 頭痛、吐き気、肩こり、腹痛でお悩みであればストレスチェックを!

    ストレスと体の関係

    ストレスチェック!頭痛、吐き気、肩こり、腹痛でお悩みの方専用
  4. パーソナリティ障害の根本的な原因は自己愛(自己肯定感)の欠如です。

    パーソナリティ障害の改善

    自己愛(自己肯定感)の障害~パーソナリティ障害とは?
  5. 誰にでも心が辛い時はある

    人に相談できない悩み

    心が辛い時は誰にでもやってくる
PAGE TOP