パニック発作の原因と症状、そしてパニック障害への対策法

不安とうつの克服

パニック発作はなぜ起きる?【原因と症状、パニック障害対処法】


blogmurabannerhm002

yajikiiro 心の調子が悪いなぁ…でもどうしたらいいんだろう?という方はコチラ

 パニック障害

1:パニック発作の原因と症状
2:パニック発作は鼻呼吸で克服できる!
3:パニック発作はストレスを疑って十分な睡眠を取りましょう

 

突然、襲われるパニック発作は、どんな人にとっても恐ろしく感じられるものです。
特に最初のパニック発作はただ事ではないように思われて当然です。

この記事では、パニック発作の原因と症状、そして、パニック障害にならないための対処法についてまとめました。

記事にも書いていますが、パニック発作は健康な人でも起こる可能性があるものです。

どうしてパニック発作が起きるのか?
パニック発作とはどういうものなのか?
どう対処したらよいのか?

転ばぬ先の杖として、こういった知識を頭の片隅に入れておくと、いつかあなたがパニック発作に見舞われた時や、一緒に居る人が発作を起こした時の役に立つでしょう。

 

 パニック発作の原因

パニック発作は実は誰にでも起こる可能性があります。

なぜなら、パニック発作の原因がストレスにあるからです。

主なパニック発作の原因

 ・身体的なストレス
過度の疲労、病気、飲み過ぎ、睡眠不足、ダイエットによる低血糖、月経前後など

・精神的なストレス
プレッシャー、ショック(強い心理的衝撃)、欲求不満、精神的苦痛など

 

つまり、体が疲れている時や、精神的なストレスがあるときには、誰でもパニック発作を起こすリスクがあるのです。

また、パニック障害の人でも、最初のパニック発作は、このような心身のストレスが原因で起こる普通のパニック発作です。

パニック発作は誰にでも起こりうる可能性があるのですから、最初のパニック発作自体は病的なものではありません。

それが繰り返し起こるようになってパニック障害へと発展するのは、最初のパニック発作の対処の仕方に問題があるからなのです。

パニック障害を理解するカギは、パニック発作自体にあるのではなく、パニック発作の対処の仕方にあることを心に留めておいて下さい。

 

 パニック発作の症状

パニック発作のときは、人それぞれ症状は違いますが、次のような症状が出てきます。

① 動悸または心拍数の増加
② 発汗
③ 身震いまたは震え
④ 息切れ感または息苦しさ
⑤ 窒息感
⑥ 胸痛または胸部の不快感
⑦ 吐き気または腹部の不快感
⑧ めまい感、ふらつく感じ、頭が軽くなる感じ、または気が遠くなる感じ
⑨ 現実感消失(現実でない感じ)または離人症状(自分自身から離れている感じ)
⑩ コントロールを失うことに対する、または気が狂うことに対する恐怖
⑪ 死ぬことに対する恐怖
⑫ 異常感覚(感覚麻痺またはうずき感)
⑬ 冷感または熱感

これらの症状のうち4つ以上が、突然に現れて十分以内にその頂点に達する場合に、パニック発作と呼ばれます。

 

 パニック発作の症状が起こったら

こうした症状からなるパニック発作は、どんな人にとっても恐ろしく感じられます。
特に最初のパニック発作はただ事ではないように思われて当然です。

しかし、パニック発作で死ぬことはありません。
また、気が狂ってしまうこともありません。
そして、どんなに強い発作でも30分程度で必ず元の状態に戻ります。

このことを知っていれば、実際にパニック発作に襲われた時や、一緒にいる人がパニック発作を起こした時でも少し冷静になって対処することが出来るでしょう。

 

私がパニック発作を起こした時も、このことを知っていたのでうまく対処できました。

発作が起きたのは、アメリカ留学中にホームステイ先のホストファミリーとの関係がうまくいっていなくてストレスを感じていた時でした。

急にめまいがしたかと思うと、気が遠くなって、床に座り込んでしまったのです。
動悸と寒気を感じて恐怖に襲われましたが、何の抵抗もせず、嵐が過ぎ去るのを待つように壁にもたれてじっとしていたのを思い出します。

 

 パニック障害への対策法

先ほども述べましたが、パニック障害へと発展するかどうかは、発作にどのように対処するかにかかっています。

パニック障害とは、最初のパニック発作の恐怖感に圧倒されてトラウマになった状態です。
そのため、過度に発作を怖れるようになり、それが更なるストレスとなって次なる発作の引き金となってしまい、それがまた次なる発作への不安とストレスを強めてしまうという悪循環に陥っているのです。

パニック発作に見舞われた時は、恐怖を感じるのは当然なのですから、その恐怖に抵抗してはいけません。

不安や恐怖といった感情は、抵抗すればするほど強くなるという特徴があるからです。

じっとしていれば30分ほどで収まるパニック発作なのに、その恐怖に抵抗して、恐怖感を強めてしまうからトラウマになってしまうのです。

トラウマとは強い心理的衝撃(ショック状態)によって受ける心の傷です。

 

もう一度いいますが、パニック発作で死ぬことはありませんし、長くても30分程度で収まります。

また、健康な人でも心身にストレスを抱えていれば、いつ起こってもおかしくないものです。

このことを知っていれば、もしパニック発作を起こしても、少しは冷静でいられて、恐怖に抵抗する度合いもずっと減るでしょう。

間違っても、発作を起こした時、それを恥ずかしい事とは思わないこと!
どうにかしようともしないこと!

恥ずかしいと思ったり、どうにかしようとすること自体も抵抗になります。

パニック発作とそれからくる恐怖に抵抗せずに、ただただじっとしていること。

さもなくば、パニック障害という泥沼にはまってしまうことになります。

 〈出典〉
正しく知る不安障害:水島広子

 

カウンセラー&ボディーワーカー
大脇秀一郎

心から幸せを感じられない時はいつでもご連絡ください。
「サロン 禅」ホームページへ
≫ カウンセリングQ&A 

パニック障害 

1:パニック発作の原因と症状
2:パニック発作は鼻呼吸で克服できる!
3:パニック発作はストレスを疑って十分な睡眠を取りましょう

 

hnhp001

hnbn170127

↓ ↓ ↓この記事をご覧いただきありがとうございます。あなたの応援クリックの1つ1つが励みになります

blogmurabannerhm002


関連記事

  1. 頭痛、吐き気、肩こり、腹痛でお悩みであればストレスチェックを!

    人に言えない心の病

    ストレスチェック・スタート!

      ストレスが原因の頭痛や吐き気、肩こり、腹痛・・・【うつ病予備軍】ス…

  2. うつ病の原因を解き明かす。うつ病になりやすい人とは?

    不安とうつの克服

    【うつ病の原因】うつ病に悩まされるのは”人間”だけ

     うつ病の原因心の病に悩まされるのは”人間”だけうつ病になりやすい人と…

  3. 自律神経の乱れはストレスが原因

    ストレスと体の関係

    ストレスが体に及ぼす悪影響【自律神経の乱れの原因と予防法】

     ストレスが体に及ぼす悪影響自律神経の乱れだるい、眠い、疲れやすいパニ…

  4. 心が辛くてしんどい時は悪いことが続くのはどうして

    人に相談できない悩み

    心が辛くてしんどい時、悪いことが続くのはなぜ?

    先日、私のカウンセリングに心が辛くてしんどいと訴える女性が来られました…

  5. 不安で仕方がない方は上手な不安との付き合い方を学びましょう。

    不安とうつの克服

    不安との上手な付き合い方|不安で仕方がない方へ

     不安で仕方がないという悩みを解決!上手な不安との付き合い方意外と知ら…

  6. 抑うつや不安感のために気分が落ち込みやすい人とは?

    不安とうつの克服

    気分が落ち込みやすく、不安感や抑うつに悩まされやすい人の特徴

     抑うつや不安感に悩まされやすい人の特徴以前、うつ病になりやすい人の傾…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

相互リンク集

カウンセリングルーム・メンタル系サイト検索『こころのWeb.com

 

心理カウンセリング
心理カウンセリングに関する情報やサイトを紹介。心理カウンセラー、相談所なども地域で検索。各種類別にカウンセリングに関する情報サイトを登録・掲載しています。ホームページ作成をお考えの方にぴったりのサイトを掲載。登録・利用は無料。

 

心理カウンセリングサーチ

 

【心理カウンセリング相談.COM】

ar
2017年9月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
  1. シゾイドパーソナリティ障害にオタク系の性格が多いのはなぜか?

    パーソナリティ障害の改善

    オタク系に多い性格~シゾイドパーソナリティ障害とは?
  2. ストレスは不安をかき立てるが、それには深い意味がある。

    不安とうつの克服

    意外と知られていないストレスと” 不安 ”の関係【不安の正体】
  3. 自己愛性パーソナリティ障害はDVや虐待、セクハラの加害者になりやすいタイプ

    パーソナリティ障害の改善

    DVや虐待の加害者に多い性格~自己愛性パーソナリティ障害とは?
  4. 悩みを人に相談できないのはどうして?

    人に相談できない悩み

    誰にも悩みを相談できない人の心理とは?【その克服法は?】
  5. マインドフルネス瞑想はなぜ不安感や抑うつが強い人にいいのか?

    マインドフルネス瞑想講座だより

    マインドフルネス瞑想が不安感や抑うつが強い人に効果的な理由
PAGE TOP