【プロフィール】


 

恋愛依存・見捨てられ不安 克服カウンセリングサロン

 

【恋愛依存・見捨てられ不安】克服カウンセラー

プロフィール写真

大脇秀一郎

「苦しい恋愛、不幸な結婚」を「理想の恋愛、幸せな結婚」へとシフトチェンジできるように専門のカウンセリングやアドバイスを提供しています。

 

プロフィール

1977年、宮崎県都城市生まれ。

カウンセラーを始める前、14年間、雑誌の編集長として【恋愛や性】についての相談を男女合わせて2,500人以上から聞く。

その経験から、不幸な恋愛には、知らず知らずのうちに当人を突き動かしている”何か”が関係していること。

そして、それが恋愛において同じ悩みやパターンを繰り返し引き起こしていること。

そのようなことに気づき、その謎めいた人間心理に興味を持つようになる。

 

それからカウンセリングやスピリチュアルセラピーを日本で学んだ後、2013年にアメリカへ留学。

帰国した2015年、家族と鎌倉に移住し、インターネットを使った全国対応のカウンセリングサロンを開業。

恋人やパートナーとの関係改善・修復のためのアドバイス。

「不安」や「依存」を取り除くカウンセリングを得意としています。

 

私たちは皆、【幸せになる力】と【人から愛される力】を持っています。

 

今すぐ、その力を開花させることを最優先してください。

 

あなたを愛してくれる人からちゃんと選ばれるよう。

そして苦しい恋愛より何百倍も気持ちい恋愛ができるよう。

全力であなたをサポートしていきます。

 

趣味:キャンプ、スタンドアップ・サーフィン、瞑想

 

もう少し詳しいプロフィール

カウンセリングを受けるには、カウンセラーである大脇の考え方を少しでも理解、共感していただくことが大切です。

 

そもそも過去の僕自身にはどんな問題があったのか。

なぜ恋愛・パートナーシップ専門のカウンセラーになったのか。

 

そのことをもう少し詳しくお伝えいたします。

少々長くなりますが、興味のある方はぜひ読んでみてください。

 

・誰にも自分の悩みを相談できない性格

僕は幼い頃からたえず人の目を気にする子供でした。

また、とても恥ずかしがり屋で、人前に出ると緊張して顔が真っ赤になっていました。

ですから陰口で「茹でタコ」とか、「顔が赤い」とか言われていないか、保育園の頃からそのことをすごく気にしていたのを覚えています。

そしてその傾向が強くなって、ひどい対人不安に悩むようになったのは、中学校の頃からでした。

 

とても怖い先輩がいる中学校で、今まで仲良かった友達も急にヤンキーになっていきます。

そんな中学1年生のある時、僕にとって大きな事件が起きました。

保育園の頃からの幼友達から校舎の裏に呼び出されて一方的に殴られたのです。

 

でも僕はそのことを両親には相談できませんでした。

両親もその幼友達のことをよく知っていたからです。

やるせない気持ちを自分一人だけでどうにかしようとしました。

 

”なぜ僕が殴られなきゃいけなかったのか”

”一発も殴り返せなかった僕は男らしくない…”

そんな弱い自分を責め続け、自分のことがどんどん嫌いになっていきました。

 

僕が誰にも悩みを相談できなかったり、自分に自信を無くしていったりしたのはこの頃からでした。

 

・好きな人に告白できない

誰にも悩みを相談ができないことは恋愛においてもそうでした。

 

好きな人ができたら一人でなんとかして、その女性と話せるように頑張りました。

でも、最後の最後で告白ができません。

僕は好きな人に告白して断られることを極端に怖がっていたからです。

 

そして、もし断られて傷ついても、友達に相談してなぐさめてもらえるという安心材料も、そんな経験もありませんでした。

 

僕はいつも精神的には孤独でした。

友達はいても、心をオープンにして話すことができなかったのです。

 

このように好きな人に告白して断られることを恐れる一方で、僕は好きではない女性から告白された時も断れない性格でした。

自分が断って、相手を嫌な気持ちにさせたらどうしようと考えてしまうのです。

 

僕は人から拒絶されたり、悪く思われたりすることを極度に恐れていました。

 

・大学時代にやっと付き合えた彼女とそのまま結婚

 

僕は宮崎の高校を卒業して、熊本の大学に進学します。

そして、そこで初めての彼女ができました。

正直に言いますと、僕が変われたのは彼女のおかげです。

 

当時誰にも心の内を打ち明けられなかった僕は、なぜか彼女に対してだけはずっと亭主関白でした。

 

人から拒絶されたり、悪く思われたりすることを極度に恐れていたのに…

 

彼女には平気で暴言を吐いたり、見下したりしていたのです。

 

それは僕の父親も母親に対してそうだったし、僕の心の問題でもありました。

 

彼女はそんなモラハラな僕に対してどのように接したらいいかを大学の心理学の先生に相談していたようです。

僕はその彼女のひたむきな努力のおかげで、自分の心の穴に気づけ、自分を変えていけるようになりました。

 

今思えば、彼女は僕の最初のカウンセラーです。

僕が心理カウンセラーになれたのも、はじめに素晴らしいカウンセラーである彼女に支えられたからに違いありません。

 

僕は今でも彼女に絶大な信頼と好意を寄せています。

それは結婚してからも年々大きくなっています。

 

若かった時よりも、今の彼女を一番愛しているのです。

3人の娘たちも妻には全然かないません。(^^)

 

・僕が恋愛・パートナーシップ専門のカウンセラーを選んだ理由

 

カウンセラーになった当初、僕は重い悩みを持つクライアント様を幅広く受け入れていました。

しかし、ある女性クライアント様との出会いがきっかけで僕はその考えを変えます。

 

その女性クライアント様はパートナーシップで悩んでいました。

その方のお話をお聞きしていると、なんと彼女の夫はまさに昔の僕と同じモラハラだったのです。

 

その時初めて、僕は暴言を言われたり、見下される相手側の気持ちに気づいて、お腹のみぞおちの辺りがキューッと痛くなりました。

 

”当時、妻はこの女性クライアント様と同じような気持ちだったんだ”

 

”なんてひどいことを僕はしていたんだ”

 

そんな反省の気持ちがうわぁ~とこみ上げてきて涙が出てしまいました。

 

僕は当時の罪の重さと妻の努力の大きさに気づきました。

 

そして、僕が恋愛・パートナーシップ専門のカウンセラーとして、社会のお役に立ちたいと心に決めたのは、まさにこの時でした。

 

クライアント様の恋愛・パートナーシップの問題を解消することは、その次の世代、つまり子供たちの将来も明るくします。

さらに、子供たちの将来が明るければ、未来の日本も輝きます。

 

今では、雑誌の編集長時代に2,500名以上の【恋愛・性】の相談に乗ってきた豊富な引き出しも活かせて、まさにこれは僕の天職だと思っています。

 

クライアント様は社会人(男性・女性)から主婦。

お仕事としては、一般職からモデル、アナウンサー、経営者、夜のお仕事の方々まで全国各地からご相談をいただけるようになりました。

 

私たちは皆、【幸せになる力】と【人から愛される力】を持っています。

今すぐ、その力を開花させることをあなたも最優先してください。

 

あなたを愛してくれる人からちゃんと選ばれるよう。

そして、苦しい恋愛より何百倍も気持ちい恋愛ができるよう。

 

全力であなたをサポートしていきます。

 


「恋愛依存・見捨てられ不安克服」の無料相談はこちら

今すぐ無料相談に申込む