モラハラのターゲットにされやすい妻の共通点

モラハラ被害者のお話をお聞きしていると、夫からモラハラされやすい妻にはいくつかの特徴が見られて、その根っこには一つの共通点が存在していることが分かります。

この記事では、その共通点と克服法についてご説明します。

夫からモラハラされやすい妻の特徴

先日、カウンセリングに来られたAさんが興味深いことをお話になりました。

Aさんは、結婚した夫からモラハラを受け、それが原因で6年前に離婚した後も、付き合った男性全員からモラハラをされているそうです。

「わたしはモラハラをされやすいんです。きっとエサをまいているんでしょうね…」

彼女はこうおっしゃいました。

彼女が『エサをまく』と表現したのは、

『モラハラのターゲットになる要素がわたしにはある』

ということだと言います。

そう自覚しているAさんはネットでモラハラされやすい女性の特徴を探しては、そこを無くそうと必死で努力してきました。
でも、先月、前の彼氏ともモラハラが原因で別れたのだそうです。

確かにモラハラされやすい人には以下のような特徴が見られます。

  • 自分の気持ちを素直に夫に言えない
  • 自分からいつも謝ってしまう
  • 夫の顔色に合わせて行動してしまう
  • 我慢しやすい
  • 我慢したものが溜まると爆発させてしまうことがある
  • 自分に自信がない
  • 慌てやすい
  • 夫や他人から理不尽なことをされても怒れない
  • ビクビクしやすい
  • ぐるぐる考え過ぎるところがある
  • 取り越し苦労が多い
  • 気乗りしない誘いを断れない
  • 自分のことを責めやすい
  • 気疲れしやすい

モラハラされやすい人には上記の特徴のうち3つ以上は該当しているのではないかと思います。

あなたはいかがでしょうか?

でも、それらを一つずつ無くしていこうと努力しても、おそらく先述したAさんのようにその努力は報われないと思います。

なぜだか分かりますか?

実はこれらの特徴は、モラハラされやすい人の表面に現れている枝葉の問題であって、根っこの問題ではないからです。

モラハラを受けやすい人のたった一つの共通点

先ほどのAさんは、非常に笑顔が良くて優しい心を持たれています。
そこは彼女の個性であって、本来は大事にしていきたいところのはずです。

それなのに、彼女はモラハラされないようにできるだけ反応を薄くしたりして笑顔(彼女の個性)を無くしてしまっていました。

こうなってしまうと”自分らしさ”を見失ってしまいます。

その結果、

「自分が無理をして苦しい」

「自分が何をしたいのか分からない」

「自分の正直な気持ちも分からない」

こんな風におっしゃる方も少なくありません。

夫からモラハラを受けないように自分を変えようとして問題の枝葉ばかりを見ていると、本当に大事なものまで失ってしまうこともあるのです。

そうならないために、私は問題の枝葉ではなく”問題の根っこ”を見ていただきたいと思っています。

では、問題の根っことは何でしょう?

それは『心の穴』になります。

心の穴というは、私たちが皆持っている『弱み』です。

モラハラを受けやすい人は自分の心の穴を自覚できていません。
ですから無意識のうちに心の穴を夫に向けて無防備にさらしてしまい、そこをモラハラ夫のターゲットにされる、という共通点があります。

夫からモラハラを受けないようにするには、夫からターゲットにされている心の穴は何なのかを特定する。
これがまず重要になります。

そして、夫からターゲットにされないようにその心の穴を無くしていく。

このようにしてあなたの内面を整えることが夫のモラハラ改善の最初の山場になります。

※ 妻が心の穴を無くしていくことで治るモラハラ夫のタイプは、二面性のある夫になります。

もし、どんな人に対してもモラハラをするような【反社会性人格】だと判断できる夫には、あなたがいくら内面を整えてもモラハラを治せないので、そういう夫の場合は諦めてください。

【参考記事】
⇒ 本当にモラハラは治らないのか?【治るタイプの特徴】
・・・・
※ 夫源病の方へ

心の穴を無くして、夫からつけ込まれないようになると夫から受けるストレスは大幅に減ります。
夫源病は夫から受けるストレスが原因ですので、症状を軽減するためにも心の穴を無くしていくことは非常に効果的です。

【参考記事】
30代・40代女性の「夫源病」対策と治し方

モラハラのターゲットにされやすい女性の例 【1人目】

ある女性の例です。

この方は『不安が強い』という心の穴を持っています。
そのために、夫のちょっとした言動を深読みして、それがさらに不安を膨らませてしまいます。

すると、心に余裕が持てなくなり、ジェットコーススターに乗っているように気分の浮き沈みが大きくなってしまいます。
それだけでもう身も心もヘトヘトです。

そして、彼女はその不安定な気分を落ち着かせるために、最終的には夫にすがってしまう。。。
夫が機嫌が悪くなると無理してご機嫌伺いをして夫の世話を焼いてしまうのです。

しかし、夫がモラハラをするパターンをよく観察してみると、夫は彼女が自分にすがっているのを承知していて、そこをターゲットにしているようでした。

だから、わざと彼女が不安になるようなことを言いいます。
彼女が夫のために”何とかしてあげなきゃ”と思って世話を焼いても、夫はそれが彼女の心の穴からきていることを見透かしているので、さらに彼女の気分を不安定にさせるようなことをしているのが分かりました。

モラハラ夫はこういう妻の心の穴につけ込んで、自分が妻よりも上に立とうとしますし、実際に上に立てるので妻のことを軽く見るようになります。

先ほどご紹介した女性は、モラハラ夫への関わり方を変えることと同じくらい、モラハラのターゲットにされやすい心の穴(不安が強い)を克服することが重要になるのです。

モラハラのターゲットにされやすい女性の例 【2人目】

次は『被害者意識が強い』という心の穴を持つ女性の例です。

夫に何度か電話をして出てくれなかった時、彼女の頭の中ではこんな考えが渦巻いていました。

”いつもはメールすると少ししたら返ってくるのに今日は電話に出ない。
私が前に夫の電話に出ず、無視していた時期があったことを根に持っているのかも…”

”メールはいいけど電話には出ないと私に示すことで、私より優位に立とうとしている?”

こんな風に”無意識のうちに”考えて、夫への不満を募らせていました。

しかし、実際は、夫は買い物に出ていて電話に気づかなかっただけでした。

また別のある時、、、

小さなお子様が靴を家の中に入れて遊んでいるのを夫が見て、こう言ったそうです。

「こらこらダメだよ。一体どこでそんなことを覚えてきたの?」

彼女は夫のこの言葉を聞いて被害者的な考えが頭をよぎりました。

”私が普段しつけをちゃんとしていないってことを言いたいの!?”

”私のせい?”

こう考えて、心の中は夫への怒りの感情で煮えたぎってしまいました。

このように、彼女には無意識のうちに被害者的な考えを膨らませてしまう心の穴があります。
そして、怒りや不満などの感情を夫にぶつけてしまい、このことが発端になって夫のモラハラスイッチを入れてしまうことが度々ありました。

しかし、被害者意識を膨らませて夫からモラハラをされるのは、自分をひどく傷つけます。
それで辛い想いをしてしまうのはもったいないことです。

夫からモラハラされることが10回あったとして、そのうちの2回くらいが妻の被害者意識が引き金になっている場合、この無用な夫婦の争いを無くすだけで、すごく楽になることもあるのです。

モラハラのターゲットにされやすい女性の例 【3人目】

最後に、『夫の嫌味や暴言を受け流せない』という方のお話をします。

この心の穴は、モラハラ被害者に特に多く見られるものになります。

ある女性は、カウンセリングでこの心の穴が話題になった時、職場の同僚のことを思い出して話をしてくださいました。

「わたしの会社には有名なパワハラ男性社員が1人いて、その人がいる部署についた派遣社員はことごとくパワハラの被害にあって辞めていくんです。
でも、1人だけパワハラをうまく交わしている女性がいます。
しかも、彼女はそれだけでなく、その男性社員をうまく利用して、人気のゲームソフトを入手したりしていました」

この話を聞いて、私はなぜ1人だけパワハラを受けないのかを質問してみました。

すると、こう答えてくれたのです。

「彼女はパワハラ男性社員の言うことを真面目に受け止めないんです。いつも『そうですね』と返すだけなんです」

そして、この話をしてくださった相談者さまは、わたしも同じようにすればいいと考えて、夫に対して実行してみます。

果たして効果は?

実際、相談者さまは同僚のようにはうまくいきませんでした。

言葉では同僚のように「そうですね」と受け流していても、心の無意識は、夫の言葉を真面目に受け止めてしまいます。
ですから、受け流していると自分では思っていても、そのあとモヤモヤやスッキリしない感じを長く引きずってしまうところはそれだけでは変わりませんでした。

心の穴というのは、心の無意識の領域にあります。

そのためになかなか自分では気づきにくく、客観的に見ている夫だけがその存在に感づいて、そこにつけ込んできます。

それじゃ、妻の方も夫の心の穴につけ込んで反撃すればよい、または反撃したい、こう考える方はおられるでしょう。

確かに、モラハラされるのはすごく悔しいので、それができれば一番いいと私も思います。

しかし、夫と妻との間ですでに上下関係ができている状態では、妻が反撃しても夫と同じ土俵に乗ってしまい、炎上するだけで余計に深く傷ついてしまうのではないでしょうか?

本当に悔しいと思いますが、妻はモラハラ夫に対して他の方法で対処するのがいいと思います。

【夫からモラハラのターゲットにされる心の穴を無くしていく】

こうして夫からモラハラされないようになれば、あとは、コミュニケーションなど夫への関わり方を変えていくことで上下関係を対等な関係に変えていくことは十分可能です。

夫のモラハラを治して、穏やかで心安らかな夫婦関係を作っていくには、まずここを目指して頑張っていきましょう。

小冊子プレゼント

「どうせ夫は変わらない…」
そう思っていらっしゃいませんか?

75名中53人の女性が夫との関係を改善できている、そんな方法があります

その全てをモラハラ改善マニュアルとして小冊子(PDF)にまとめました。

あなたも今すぐ申し込みをして、モラハラ対処の正しい方法を学びませんか?
無料申し込みは↓をタップ

あなたにオススメの記事があります

もしあなたが夫のモラハラでお悩みならば、オススメの記事があります。
夫のモラハラに対処する方法を身につけて、心安まる夫婦関係に変えていけるように、そのポイントを分かりやすく解説しています。

⇒ 夫のモラハラ改善カウンセリングの特徴

無料!お試し電話相談のご案内

一度相談してみたいけど、

本当にここでいいのかな…
いきなり体験カウンセリングに申し込むのは少し心配…

このような不安もあるかと思います。

そして一歩踏み出すのを迷ってしまうという方のために、無料のお試し電話相談をご用意させていただきました。

お試し電話相談についての説明はコチラ↓

無料お試し電話相談のお申込みはこちらをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です