反社会性パーソナリティ障害の分かりやすい診断方法


 

この記事では、犯罪に手を染めやすい反社会性パーソナリティ障害の診断方法を、世界共通の精神障害(精神疾患)の統計・診断マニュアル「DSM」を参考に一般の方にも分かりやすい文章にして掲載しています。

 

反社会性パーソナリティ障害の診断方法

A. 他人の権利を無視し侵害する性格や行動スタイルが広く認められ、15歳以降に起こっており、以下のうち3つ(またはそれ以上)によって示される。

⑴ 法にかなう行動という点で社会的規範に適合しないこと。これは逮捕の原因になる行為を繰り返し行うことで示される。

人をだます傾向。これは繰り返し嘘をつくこと、偽名を使うこと、または自分の利益や快楽のために人をだますことによって示される。

⑶ 衝動性または将来の計画を立てられないこと

いらだたしさおよび攻撃性。これは身体的な喧嘩または暴力を繰り返すことによって示される。

⑸ 自分または他人の安全を考えない向こう見ずさ

⑹ 一貫して無責任であること。これは仕事を安定して続けられない、または経済的な義務を果たさない、ということを繰り返すことによって示される。

良心の呵責の欠如。これは他人を傷つけたり、いじめたり、または他人のものを盗んだりしたことに無関心であったり、それを正当化したりすることによって示される。

 

B. その人は少なくとも18歳である。

『DMS-IV-TR 精神疾患の分類と診断の手引き 新訂版』(医学書院)より 

 

心理カウンセラー&ボディーワーカー
大脇秀一郎

心から幸せを感じられない時はいつでもご連絡ください。
「サロン 禅」ホームページへ
≫ カウンセリングQ&A 

 

こんな記事もあります。

関連記事

見捨てられ不安が強い恋愛不安症とは?

恋愛共依存とは?

セックス依存とは?

恋愛依存とは?

 

 


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

「恋愛依存・見捨てられ不安克服」の無料相談はこちら

今すぐ無料相談に申込む