回避性パーソナリティ障害の分かりやすい診断方法


 

この記事では、自分の殻を破るのが困難な回避性パーソナリティ障害の診断方法を、世界共通の精神障害(精神疾患)の統計・診断マニュアル「DSM」を参考に一般の方にも分かりやすい文章にして掲載しています。

 

回避性パーソナリティ障害の診断方法

人の目を気にして社会的な行動がうまくとれない、不全感、および否定的評価に対する過敏性が広く認められる性格・行動スタイルで、成人期早期までに始まり、種々の状況で明らかになる。

以下のうち4つ(またはそれ以上)によって示される。

 

批判否認、または拒絶に対する恐怖のために、重要な対人接触のある職業的活動を避ける。

⑵ 好かれていると確信できなければ、人と関係を持ちたいと思わない。

恥をかかされること、または馬鹿にされることを恐れるために、親密な関係の中でも遠慮を示す。

⑷ 社会的な状況では、批判されること、または拒絶されることに心がとらわれている。

⑸ 不全感のために、新しい対人関係状況を避ける。

⑹ 自分は社会的に不適切である、人間として長所がない、または他の人より劣っていると思っている。

⑺ 恥ずかしいことになるかもしれないという理由で、個人的な危険をおかすこと、または何か新しい活動にとりかかることに、異常なほど引っ込み思案である。

『DMS-IV-TR 精神疾患の分類と診断の手引き 新訂版』(医学書院)より

 

【不安・イライラ・マイナス思考・自己呵責】で
お悩みの方に無料プレゼント!

↓ ↓ ↓ 

rgst_mailmagazine2

今すぐ無料で登録する方はこちら ≫

 

 

こんな記事もあります。

関連記事

見捨てられ不安が強い恋愛不安症とは?

恋愛共依存とは?

セックス依存とは?

恋愛依存とは?

 

 


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

「恋愛依存・見捨てられ不安克服」の無料相談はこちら

今すぐ無料相談に申込む