【前編】カウンセリングは”あなたを輝かせる”最良の自己投資になる


あなたは、カウンセリングは治療的な目的や癒しの目的のためだけに受けるものだと思っていませんか?

ですから、カウンセリングが”あなたを輝かせる”自己投資になると言われても、なかなかイメージがつかめないかもしれません。

一般的に自己投資と言えば、自分のために新しい技能や技術を身につけたり、勉強したりすることですから。

心の病や悩みを訴える人のためのカウンセリングがどうして自己投資になるのかを理解していただくには、まず、”病”をめぐる世間の認識が間違っていることを説明する必要があります。

 

 心の病や悩みに対する間違った認識

世間では”病は悪いもの”という認識が広がっていて、闘って退治しなければならないものと思われています。

よく「ガンに負けるな」というスローガンや、ガンで亡くなった芸能人に対するコメントで「あの人は勇敢にガンと闘った」というのをテレビで見ますよね。

このようなことが言われるのも、その背景に”病は悪いものだ”という認識があるからです。

 

このような認識は心の病に対しても例外ではありません。

心の病や悩みを抱えている人に対して「心が弱いからそうなるんだ」といった精神論を言い聞かせる人はたくさんいます。

ですが、実際は、そうした精神論で評価される人、つまり真面目で理屈っぽく、自己コントロールが上手な人、精神力が強い人ほどうつ病になるリスクが高かったりするんです。

 

精神論的な考え方をする人達は、心の病が当人に訴えかけているメッセージに耳を傾けてみるというアイデアを持ち合わせていません。

病が発しているメッセージに耳を貸すことなく、病は悪いものだと一方的に決めつけて、排除することに躍起になります。

しかし、これでは根本的な解決には至るのはとても難しい。

たとえ一時的に回復したように見えても、再発のおそれを残すことになります。

悩みについても同じです。
解決したように見えても、本質的には同じような悩みが表面的な衣を替えて、その後も繰り返しあなたに降り掛かってくるのです。

次のページへ ≫
心の病はあなたを取り巻いている不適切な状況から救い出そうとしている

 

心理カウンセラー&ボディーワーカー
大脇秀一郎

心から幸せを感じられない時はいつでもご連絡ください。
「サロン 禅」ホームページへ
≫ カウンセリングQ&A 

 

関連記事

見捨てられ不安が強い恋愛不安症とは?

恋愛共依存とは?

セックス依存とは?

恋愛依存とは?

 

 


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

「恋愛依存・見捨てられ不安克服」の無料相談はこちら

今すぐ無料相談に申込む