【うつ病の原因】うつ病になりやすい人とは?


 

 うつ病の原因

「うつ病に悩まされるのは”人間”だけ」という前回の記事で、人間以外の動物はうつ病にならないという話から、どうして人間だけがうつ病に苦しむのか、そしてその原因は何なのか、ということを説明してきました。

要点だけをまとめると、人間だけが持っている理性、それも、理性が得意としているコントロール志向がうつ病の原因であるということでした。

理性とは、人間だけが有していて、合理的で分析的な思考や言語を操る能力のことです。

 

その私たちの理性は、内面から湧き上がってくる感情や欲求をコントロールして従わせたいという強い願望を持っています。

特に道徳的に受け入れられない感情や欲求は何がなんでも抑え込まないと気が済みません。

なぜかというと、そうしないと社会的に受け入れてもらえないからです。

特に現代社会は、感情や欲求を抑制できる理性的な人が高く評価されます。
そのために、私たちはますます理性に依存するようになって、そのコントロールを厳しくするようになりました。

そして、それに比例してうつ病を患う人もますます増えているというわけです。

 

 うつ病になりやすい人

うつ病というのは、理性によって厳しくコントロールされ、自然な発露を妨げられた感情や欲求がこらえきれなくなって反発を起こしている状態です。

気分が落ち込んだり、訳の分からない不安や悲しみ、イライラに苛まれたり、心にぽっかり穴が開いたように感じたりするのは、限界を超えて抑え込まれていた感情や欲求がストライキや暴動を起こしているためです。

 

カウンセリングをしているとよく分かるのですが、うつ病になりやすい人の多くは共通して抑制が利いています。
真面目で、意志が強かったり、我慢強かったりするのです。

たとえば、家庭で夫から叱責されたり、非難されたりして、心の内では怒りや不満を感じているのに、我慢することが日常的になっています。

そして、どこかで限界がきてうつ病に陥ってしまうというパターンが多いのです。

 

また、完璧主義の人や、”良い人に思われたい”と頑張ってしまう人もうつ病になりやすいタイプです。

こういった人は「~すべき」と自分を厳しく律するのが癖だったり、自分のことよりも他人に気を使ったりするのが常です。
そのために、正論や道徳に縛られて強力に自分自身をコントロールしています。

そして、「~すべき」という自分の基準や願望が達成できなかったり、他人から評価されなかったりすると、激しく自分を批判して落ち込み、さらに理性によるコントロールを強化してしまうという悪循環に陥ってしまうのです。

 

 最後に

もしあなたやあなたの大切な人が、以上のような性格傾向を持っていたとしても心配は要らないことを付け加えておきます。
心配は要らないというのは、うつ病をひどく否定的に受け取る必要はないということです。

「カウンセリングは”あなたを輝かせる”最良の自己投資になる」という記事に詳しく書いていますが、病は自然体で生き生きしたあなたらしい生き方を指し示してくれているメッセンジャーです。

もしうつ病を患っても、病が発するメッセージをちゃんと受け止めた上で、理性的な判断を下せるようになれば、あなたは内面的な成長を遂げて、より「あなたらしいあなた」に生まれ変わって社会復帰することができます。

ですから、今現在、あなたにうつ病になりやすい性格傾向があったとしても、心配はされませんように。

  

心理カウンセラー&ボディーワーカー
大脇秀一郎

心から幸せを感じられない時はいつでもご連絡ください。
「サロン 禅」ホームページへ
≫ カウンセリングQ&A 

 

関連記事

見捨てられ不安が強い恋愛不安症とは?

恋愛共依存とは?

セックス依存とは?

恋愛依存とは?

 

 


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

「恋愛依存・見捨てられ不安克服」の無料相談はこちら

今すぐ無料相談に申込む