マリオン・ローゼン(ローゼン メソッドの創始者)について


 

アメリカのカリフォルニア州 バークレーでローゼン メソッド・ボディーワークを創始したマリオン・ローゼンは、ちょうど第一次世界大戦が勃発した1914年に生まれたユダヤ系ドイツ人です。

彼女がドイツからアメリカに渡ったのは第二次世界大戦中の1940年で、ヒトラー率いるナチス党のユダヤ民族に対する迫害から逃れるためでした。

 

マリオンの人生を方向づけるきっかけになったのは、ドイツを離れる前に呼吸法とリラクセーション法をルーシー・ハイヤーから学んだことでした。
ルーシー・ハイヤーの夫はユング心理学を創始したカール・ユングの同僚であり、生徒でもあった心理療法家で、ハイヤー夫妻は呼吸法やリラクセーション法を心理療法と組み合わせて使う方法を研究するグループの一員でした。

ユングが生きていた時代に、しかも、その側近だった人の中に、すでに言葉だけを使う従来の心理療法に身体的アプローチを組み合わせようと考えていたグループが存在していたというのは驚きです。
彼らは当時、かなりの異端だったに違いありません。
しかも、彼らのその試みはすでに、当時の一般的な心理療法よりも治療期間を短縮でき、より効果的であるということも見い出していました。

 

第二次世界大戦が終わると、アメリカでは負傷者に対応するために当時はまだ比較的新しい分野であった理学療法士のニーズが高まっていたことを受けて、マリオンは理学療法士として働きながら、最初はローゼン メソッド・ムーブメント(ダンスセラピー)を、それからローゼン メソッド・ボディーワークを開発します。

そして、彼女は97歳で亡くなるまでクライアントを見続けていたそうです。
そんなマリオンの手の指紋は、あまりにも多くの人達に触れてきたために完全に摩滅していたといいます。

 

私がバークレーでローゼン メソッド・ボディーワークを勉強していた時は、すでにマリオンが亡くなって2年ほど経っていましたが、先生達からはマリオンの話をたくさん聞かせてもらいました。
彼女は思っていることを素直に口に出す裏表がない性格で、好奇心が強く、90歳を超えても瞳は少女のように輝いている可愛いお婆ちゃんだったようです。

 

心理カウンセラー&ボディーワーカー
大脇秀一郎

心から幸せを感じられない時はいつでもご連絡ください。
「サロン 禅」ホームページへ
≫ カウンセリングQ&A 

 

関連記事

見捨てられ不安が強い恋愛不安症とは?

恋愛共依存とは?

セックス依存とは?

恋愛依存とは?

 

 


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

「恋愛依存・見捨てられ不安克服」の無料相談はこちら

今すぐ無料相談に申込む