警告!ポジティブ思考の信者になってはいけない!


 「警告!」なんて、少し過激なタイトルになっていますね。

私と実際にお会いして会話をさせていただいた方がこのタイトルを読んだら、私がこんな過激なタイトルを付けるなんて信じられないとおっしゃるかもしれません。

ですが、今日の私は本気です(笑)

心の底から「ポジティブ思考の信者になってはいけない!」と世の中の常識を盲目的に信じて疑わない人達へ向けて叫んでいるのです。

私のこのような想いは、私のカウンセリングルームのホームページのアドレスを「you can cry」(泣いてもいいよ)にしていることにも表れています。

 

では、一体全体どうして私はこんなにポジティブ思考に対して懐疑的なのでしょうか?

それは、本物のポジティブ思考というものが別に存在しているのを知っているからです。

そうすると私たちが普段、テレビやネット、本などで目にしたり、聞いたりするポジティブ思考は「偽物」ということになります。

 

まず想像してみてください。

私は心理カウンセラーとして普段、心が辛くてしんどいという方々と接しています。

そのような方々に「ポジティブ思考でしっかり前を向いて頑張って!」とか「それでも物事の良い面を見つめましょう」などと言うと、実際に彼女・彼らはどうなると思いますか?

それはもう、物凄い顔をされるか、もう、私のところに来なくなってしまうでしょう。

なぜなら、心が辛くてしんどいという方々に対してポジティブ思考で接するのは、だからです。

彼女・彼らの真実の部分はそんなことを望んではいるのではありません。

ただ、あるがまま自然な自分の想いや気持ちを分かって欲しいのです。
共感して欲しいのです。

 

あなたは今、それはカウンセリングに来るような心が辛くてしんどい人達には当てはまっても、そうでない人達には当てはまらないだろうと思っているかもしれませんね。

ですが、そんなことはありません。

実際、カウンセリングに来る人達は心にとって大変なことが起こった時に、ポジティブ思考をして自分の素直な気持ちを抑圧してしまった為に、問題をこじらせて悪化させてしまっている場合が大変多いのです。

 次ページへ ≫

 

関連記事

見捨てられ不安が強い恋愛不安症とは?

恋愛共依存とは?

セックス依存とは?

恋愛依存とは?

 

 


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

「恋愛依存・見捨てられ不安克服」の無料相談はこちら

今すぐ無料相談に申込む