ストレスが原因で体が痛む「精神的」な病気|身体表現性障害とは


 身体表現性障害とは?

身体表現性障害という言葉をご存知の方は少ないでしょう。

ですが、ヒステリーという言葉なら聞いたことがあるという方はいらっしゃるかもしれません。

普段、私たちが使うヒステリーという言葉は、激しく泣いたり怒ったりする病的な興奮状態のことを指しますよね。
ですが、もともとこの言葉は身体表現性障害のヒステリーからきている言葉なのです。

 

その身体表現性障害の一つであるヒステリーは、女性に多く見られ、金縛り(かなしばり)や催眠をかけられたかのように突然歩けなくなったり、声が出なくなったりする障害です。

そして、病院で検査をしても何も異常がみつからないという特徴を備えています。

この「異常がみつからない」という特徴は身体表現性障害の全てに当てはまることで、本人は本当に苦痛を感じているのに、医者から「どこも悪くない」と言われてしまうために、周囲からは仮病だと思われたり、気持ちの問題だと言われたりして余計に辛い思いをする大変な病気です。

 

 身体表現性障害の原因

身体表現性障害はストレスが原因で発病します。

皆さんに知っていただきたいのは、ストレスによって起きる「精神的」な病気はうつ病や不安障害などの精神疾患だけではないということです。

ストレスによって起きる「精神的」な病気には、身体の変調や不調をきたすものもあるのです。

身体表現性障害の他にストレスが原因で起きる病気には心身症があります。
心身症は高ストレスによって感染症にかかったり、高血圧を引き起こしたり、糖尿病になったり、胃潰瘍ができたりする病気です。

心と体は繋がっていて互いに作用し合っていますので、実際に心の問題は体にも悪い影響を与えているのです。

 

 身体表現性障害の種類

・転換性障害

冒頭で紹介したヒステリーのことで、今では転換性障害という病名が主に使われます。

女性に多く、嫌なことを嫌ともいえず、自分の気持ちを抑え込むことが習慣になっている人によく見られます。

≫ 主な症状
腕や脚の麻痺、けいれん発作、視覚や聴覚、触覚を失うこともあります。

 

・身体化障害

ストレスを溜め込んでいたり、心の問題を持っていたりする人に頻繁に見られる障害です。

これも女性に多く、本人は自覚していなくても、本当は助けて欲しい、気にかけて欲しいという訴えや、構ってもらいたいという欲求、プレッシャーや重い責任から逃れたいという気持ちを持っているのに、常習的にそれに蓋をしている人によく見られます。

≫ 主な症状
頭痛、腹痛、肩こり、吐き気、下痢、便秘、疲労感、性交痛、月経痛、勃起不全など

 

・心気症

「自分は重大な病気にかかっているにちがいない」と過度に心配する障害で、小さなシミや出来物をガンだと心配したり、軽い頭痛を脳腫瘍だと思い込んだりして、徹底的な検査を受けて医師から心配ないと告げられても安心することができないのが心気症の特徴です。
ですから、いろんな病院を渡り歩いて診察や検査を受け続ける傾向が見られます。

心気症は、本人が自覚していないストレスや不安を他に抱えていて、本当はそれから起こっている不快感を、病気からきているものだと思い込んでどうにか解消しようとする必死の試みといえます。

 

 身体表現性障害の治療

精神科や心療内科を受診されてください。

難しいのは、身体表現性障害の患者様は本人にストレスの自覚がないので、精神科や心療内科に行くことに抵抗を持つことです。

ですから、自分に疑わしい症状がある場合は、まずストレスチェックを受けて、自分のストレス度を測ってみるとよいでしょう。

 

また、内科に行って「異常がない」と告げられた場合や精神科・心療内科の投薬治療で効果が認められない場合は、カウンセリングを受けてみるのもよいでしょう。

身体表現性障害は本人を心理的にサポートしてくれる環境が弱いと発病しやすいと言われています。

安心できる環境で、自分の気持ちを素直に吐露でき、またそれをカウンセラーにちゃんと分かってもらえたと思えると症状も改善していきます。

 

要参考:ストレスチェック
身体表現性障害と疑われる症状でお悩みで、ストレスを溜めているという自覚がない方はぜひストレスチェックをされてみてください。

 

心理カウンセラー&ボディーワーカー
大脇秀一郎

心から幸せを感じられない時はいつでもご連絡ください。
「サロン 禅」ホームページへ
≫ カウンセリングQ&A 

 

関連記事

見捨てられ不安が強い恋愛不安症とは?

恋愛共依存とは?

セックス依存とは?

恋愛依存とは?

 

 


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

「恋愛依存・見捨てられ不安克服」の無料相談はこちら

今すぐ無料相談に申込む