ストレスが体に及ぼす悪影響【自律神経の乱れの原因と予防法】


 ストレスが体に及ぼす悪影響

  1. 自律神経の乱れ
  2. だるい、眠い、疲れやすい
  3. パニック発作、過呼吸

 

ストレスは精神面だけでなく、身体面にも悪影響を及ぼします。

自律神経の乱れはそのカギになるもので、自律神経が乱れると様々な症状が体に現れるのです。

ですから、この記事では、まず自律神経の乱れの原因とその予防法についてまとめ、次の記事で体への悪影響を詳しく解説していきます。

  

 ストレスに対する体の反応

ストレスを受けると、私たちの体は瞬時に脳と恊働してある反応を引き起こします。

それは、自律神経を興奮・警戒モードに切り替えることです。

この反応の目的は、目の前のストレスから身を守るために、集中力や思考力を高めたり、活動エネルギーを高めたりすることです。

ですから、この反応が脳と体に起こると、心臓がドキドキしたり、体がほてったり、呼吸が苦しくなったり、冷や汗をかいたり、口の中が渇いたりします。
さらには、肩や脚に力が入ったり、いろんなことが頭に浮かんであちこちに考えが駆け巡ったり、ピリピリしたりもします。

あなたもこうした経験を何度もしたことがありますよね?

こうした反応をしている時というのは、まさに脳と体が、”今”、ストレスを感じている時なのです!

 

 自律神経の乱れを引き起こす原因

ストレスを受けた時に私たちの脳と体に起きる反応(自律神経を興奮・警戒モードに切り替えること)は、目の前のストレス状況から身を守ることが目的でした。

自律神経には「交感神経」と「副交感神経」の2つの種類があります。

ストレスを受けた時に起きる興奮・警戒モードは「交感神経」が活性した状態です。

そして、もう一つの「副交感神経」が活性すると、脳と体はリラックス・休息モードに入ります。

私たちの体が健康で自律神経のバランスが良い時は、ストレスを受けると、即座に「交感神経」が優位になって興奮・警戒モードに切り替わり、ストレス状況が過ぎ去ると、今度は「副交感神経」が優位になってリラックス・休息モードに切り替わるということがスムーズに行われます。

ですが、自律神経が乱れてバランスを崩すと、この切り替えがスムーズに行われなくなってしまうのです。

では、一体何が自律神経の乱れを引き起こす原因になるのでしょうか?

それは、自分の許容限度を超えてしまうほどの強すぎるストレスや、そこまで強いストレスではなくても、それが長期間にわたって持続する状況になります。

強すぎるストレスというのはトラウマになるようなものです。
大きな地震や津波、テロや暴力事件などがそれに相当します。

ですから、私たちにとって自律神経の乱れを引き起こすより身近な原因となるのは、小さなストレスが長期間にわたって持続する場合になります。

 

 自律神経の乱れを予防する方法

今、自分が受けているストレスが小さいものだと思えても、それが継続的に続いていると思った時は気をつけるようにしてください。

ストレスを受けている時は「交感神経」が優位になって脳と体は興奮・警戒モードになりますが、このモードは相当な量のエネルギーを消費して疲労を蓄積します

ですから、最近、ストレス状況が続いていると気づいた時には、週の平日に1日でも良いですから、早く家に帰って、お風呂に浸かり、早くお布団に入るように心がけましょう。

くれぐれも、ストレス発散だと言って、ハメを外してしまうと、余計にエネルギーを消費してしまって体の疲労がますます溜まってしまいます。

ストレスがある時期はそれだけで心身に負担がかかっていますので、体を積極的に休養させるようにすると効果的に自律神経の乱れを予防することができますよ。

 

カウンセラー&ボディーワーカー
大脇秀一郎

心から幸せを感じられない時はいつでもご連絡ください。
「サロン 禅」ホームページへ
≫ カウンセリングQ&A 

 ストレスが体に及ぼす悪影響

  1. 自律神経の乱れ
  2. だるい、眠い、疲れやすい
  3. パニック発作、過呼吸

 

関連記事

見捨てられ不安が強い恋愛不安症とは?

恋愛共依存とは?

セックス依存とは?

恋愛依存とは?

 

 


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

「恋愛依存・見捨てられ不安克服」の無料相談はこちら

今すぐ無料相談に申込む