モラハラ夫が子供の性格に与える悪影響は改善できる!

夫のモラハラが子供に与える負の影響は大きく、特に子供の性格形成にものすごい影響を及ぼします。

ですから、夫のモラハラを治して夫婦仲を修復する試みは、あなたの心の平安や幸せ感覚を取り戻すだけでなく、子供の性格形成・性格改善にとっても重要な意味があります。

この記事では、子供がどのような影響を受けるのかについてや、今からでもその影響を改善できるということを説明します。

夫のモラハラが子供の性格形成に与える悪影響

子供は目の前で、お父さんがお母さんを怒鳴りつけたり、喧嘩したりする状況を目撃すると、彼ら彼女らなりに悪い影響を受けてしまいます。

そして、”なぜお父さんとお母さんの仲が悪いのか”を子供なりに考えて、不安で混乱する自分の心を落ち着かせようとします。

どのようにする傾向が多いかと言いますと…

「パパとママがケンカをするのは、私が(僕が)悪いからだ」

このように自己暗示をかけるのです。

両親の喧嘩は、子供にとってはどうしようもできない事態で『無力感』を引き起こします。
子供のまだ未成熟な心の器ではその『無力感』を抱え込むことは到底できません。

ですから、パパとママが悪いのではなく

「自分が悪いからだ」

と自分のせいにすることで抱えきれない無力感をやり過ごそうとするのです。

これが夫のモラハラから子どもが受ける悪影響になります。

しかし、こうした子供の試みが何度も何度も繰り返されるのは良くありません。

「自分が悪い…」という自己暗示がいつの間にか子供の脳の深い部分に刷り込まれてしまいます。

そして、自己否定感が強い性格が作られてしまいます。

心理学でいう【アダルトチルドレン】とはこうした子供たちのことを言います。

子どもが受けた悪影響は改善できます

でも、安心してください。

子供の自己否定的な性格は改善してあげられます。

脳には可塑性という性質があって、年齢がいくつになっても変えることができるからです。

あなたが夫のモラハラを治して夫婦関係を修復できれば、

”ママもパパも変われた!”

ということを”行動”で示してあげられますよね。

それが子供に対してものすごく良い影響を与えます。

子供の自己暗示によって否定されていた自らの可能性に光を当ててあげることができ、あなたの肯定的フィードバックがスッーと子供の心の中に浸透するようになるからです。

そうして、子供も少しずつ自らの自己肯定感を目覚めさせていくことができるのです。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

⇒ 著者:モラハラ改善カウンセラー 大脇秀一郎のプロフィールはこちら

小冊子プレゼント

「どうせ夫は変わらない…」
そう思っていらっしゃいませんか?

75名中60人の女性が夫との関係を改善できている、そんな方法があります
その全てをモラハラ改善マニュアルとして小冊子(PDF)にまとめました。

あなたも今すぐ申し込みをして、モラハラ対処の正しい方法を学びませんか?

無料申し込みは↓をタップ

オススメ記事

体験カウンセリングのご案内

一度相談してみたいけど、

本当にここでいいのかな…大丈夫かな…
カウンセラーはどんな感じの人なんだろう…

このような不安もあるかと思います。

そして一歩踏み出すのを迷ってしまうという方のために、体験カウンセリングをご用意させていただきました。

体験カウンセリングについての説明はコチラ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です