プロフィール

夫のモラハラ改善カウンセラー 大脇秀一郎

夫のモラハラ改善&夫婦仲修復のための
専門カウンセリングとアドバイスを提供しています。

1977年、宮崎県生まれ。

カウンセラーを始める前、14年間、雑誌の編集長として【パートナーシップや性】についての相談を男女合わせて2,500人以上から聞く。

その経験から、不幸なパートナーシップには、知らず知らずのうちに当人たちを突き動かしている”何か”が関係していること。
その何かを根本的に変えない限り、同じ悩みやパターンを繰り返し引き起こしてしまうこと。
そのようなことに気づき、その謎めいた人間心理に興味を持つようになる。

それからカウンセリングやスピリチュアルセラピーを日本で学んだ後、2013年にアメリカへ留学。
帰国した2015年、家族と鎌倉に移住し、インターネットを使った全国対応のカウンセリングサロンを開業。

・・・・

夫から支配される関係。
夫から見下される関係。

こんな不平等な関係をスカッと改善して夫と”対等な関係”になれる!
そして、ストレスフリーで幸せな夫婦生活、温かい家庭を作ることができる!

そのための専門的なサポートを得意としています。

元モラハラ夫だった大脇。変えてくれたのは妻でした

僕は今、モラハラ改善カウンセラーですが、当の僕が元モラハラ夫でした。

そんな僕がなぜ、モラハラ専門のカウンセラーになったのか。

そのことをもう少し詳しくお伝えいたします。

少々長くなりますが、興味のある方はぜひ読んでみてください。

誰にも自分の悩みを相談できない性格だった

僕は幼い頃から絶えず人の目を気にする子供でした。

また、とても恥ずかしがり屋で、人前に出ると緊張して顔が真っ赤になっていました。
ですから、陰口で「茹でタコ」とか、「顔が赤い」とか言われていないか、保育園の頃からそのことをすごく気にしていたのを覚えています。

そして、その傾向が強くなって、対人不安に悩むようになったのは、中学校の頃からでした。

当時、僕が通っていた中学校は地元では有名なヤンキー学校で、今まで仲良かった友達も急にヤンキーになっていきました。
そんな中学1年生のある時、僕にとって大きな事件が起きました。
保育園の頃からの幼友達から校舎の裏に呼び出されて一方的に殴られたのです。

でも、僕はそのことを両親には相談できませんでした。
両親もその幼友達のことをよく知っていたからです。
やるせない気持ちを自分一人だけでどうにかしようとしました。

”なぜ僕が殴られなきゃいけなかったのか”
”一発も殴り返せなかった僕は男らしくない…”

そんな弱い自分を責め続け、自分のことがどんどん嫌いになっていきました。
僕が誰にも悩みを相談できなかったり、自分に自信を無くしていったりしたのはこの頃からでした。

好きな人に告白もできない

誰にも悩みを相談ができないことは恋愛においてもそうでした。

だから、好きな人ができても一人でなんとかして、その女性と話せるように頑張りました。
でも、最後の最後で告白ができません。
僕は好きな人に告白して断られることを極度に怖がっていたからです。

そして、もし断られて傷ついても、友達に相談してなぐさめてもらえるという心の支えもありませんでした。
僕はいつも精神的には孤独でした。
表面的に付き合える友達はいても、心をオープンにして話すことは誰ともできなかったのです。

また一方で、僕は好きではない女性から告白された時も断れない性格でした。
自分が断って、相手を嫌な気持ちにさせたらどうしようと考えてしまうのです。

大学時代にやっと付き合えた彼女とそのまま結婚

僕は宮崎の高校を卒業して、熊本の大学に進学します。
そして、そこで初めての彼女ができました。

正直に言いますと、僕が変われたのは彼女のおかげです。

当時、誰にも心の内を打ち明けられなかった僕は、なぜか彼女に対してだけはずっとモラハラをしていました。
人から拒絶されたり、悪く思われたりすることを極度に怖れていたのに…
彼女には平気で暴言を吐いたり、見下したりしていたのです。
でも、僕は彼女の努力のおかげで自分の強い感情をコントロールできるようになり、自分を変えていけるようになりました。

今思えば、彼女は僕の最初のカウンセラーです。
僕が心理カウンセラーになれたのも、はじめから素晴らしいカウンセラーである彼女に支えられたからに違いありません。

僕は今でも妻である彼女に絶大な信頼と好意を寄せています。

僕がモラハラ専門のカウンセラーを選んだ理由

カウンセラーになった当初、僕は人間関係で悩む相談者さまを幅広く受け入れていました。
しかし、ある女性相談者さまとの出会いがきっかけで僕はその考えを変えます。

その女性相談者さまは夫婦関係で悩んでいました。
その方のお話をお聞きしていると、なんと彼女のご主人は昔の僕と同じモラハラだったのです。
その時初めて、僕は暴言を言われたり見下される女性側の気持ちに気づいて、胸が締め付けられるのを感じました。

”僕がモラハラをしていた時、妻はこの女性と同じような気持ちだったんだ”
”僕はなんてひどいことを妻にしていたんだ”

そんな反省の気持ちがうわぁ~とこみ上げてきて涙が出てしまいました。
その時、初めて僕はモラハラの罪の重さに気づいたのです。

僕がモラハラ専門のカウンセラーとして社会のお役に立ちたいと心に決めたのは、まさにこの瞬間でした。

当サロンのミッション

本当は人の性格に善し悪しはありません。
それを、本人が”悪用するか、善用するか”だけです。

モラハラ夫は何らかの理由があって性格を悪用しているので、そこに気づかせて方向を転換させられるかどうかがモラハラ改善のポイントになります。

人が変わると、周りの空気も変わります。
夫婦関係が良くなれば、家庭の雰囲気も良くなります。

そして、子供たちの将来も明るくできます。
さらに、子供たちの将来が明るければ、日本や世界の未来も輝きます。

幸せな家庭をたくさん増やし、幸せな家庭で育つ子供たちをたくさん増やす。

これが僕のミッションです。

・・・・

⇒ 当サロンのモラハラ改善カウンセリングについてはコチラ

・・・・

初回無料!お試し電話相談はコチラ↓