モラハラ改善カウンセリングを選ぶメリット

モラハラカウンセリングの中には、離婚を前提にしたものと修復のためのサポートの2つに大きく分けれられます。

この記事では、夫のモラハラを改善して、夫婦仲を修復したいと希望される方へカウンセリングを受けるメリットについてお話したいと思います。

モラハラ改善カウンセリングを受けるメリット

夫のモラハラで悩んでいる女性が全員離婚したいと思っているわけではありません。

しかし、ネットで検索したり、行政のDV相談センターに行ったりしても、

「モラハラというのは治らない」
「だから、離婚するしかない」

このようにアドバイスされることが多いのが実情だと思います。

私の相談者さまの中には、先ほどのようなアドバイスを女性支援センターでされて、

「離婚したくないと思っている私が悪いって言われているみたいでした…」

と、その時のお気持ちを涙を拭いながら話された方もいました。

モラハラ改善カウンセリングの目標は、上記のように治らないとよく言われるモラハラを治すこと。

そして、それを受けるメリットは、夫の性格に合う適切な対処法を見つけられて、それをあなたが無理なく行動に移せるようにアドバイスとサポートをもらえることにあります。

モラハラ改善塾は夫と『対等な関係』を目指します

では、モラハラを治すためのカウンセリングの中にはどのような方法があるか?

主なものは、夫に対してあなたが『愛』や『献身』で下手に出るように教えるもの。

反対に、夫からナメられないように怖いオーラを出したり、夫はいないものと思って無視するように教えるものもあります。

これらに対して、私が相談者さまにアドバイスさせていただいている方法は、

  1. 夫と対等な関係を作れるようになりましょう
  2. その上で、『あなた個人の幸せ』『夫婦の幸せ』のどちらかを犠牲にするのではなく、両方をバランスよく実現しましょう

というものになります。

夫との対等な関係を象徴するエピソードとして世界的に有名なのは、英国王室の元ダイアナ妃のものでしょう。

ロイヤルウエディングで、彼女は古くから英国王室で使われていた誓いの言葉を意図的に使いませんでした。

その言葉は…「(夫に)従う」。

この時以来、夫婦は対等な関係であっていいと、世界中で認知されるようになりました。

夫の方が多く稼いでいようが、あなたが専業主婦でいようが、夫の言うことに全て従わなければならないのは間違っています。

現代の女性は、家庭に入っても夫との仲を大切にしながら、自分らしさも大切にしていい。

このような夫婦関係のイメージを今は求めてもいいのではないか、と私は考えています。

夫のモラハラを治すのに必要な【心の準備】とは?

夫に対して、

「もう耐えられない」
「どうしたらいいか分からない」

と限界を感じている方は、モラハラを治すなんて無理なんじゃないか?
いっそのこと離婚した方がいいのではないか?

そんなお気持ちになることもあるでしょう。

それでも、「いろいろな理由からどうしても離婚できない」とおっしゃる方が、夫のモラハラを治そうと一歩踏み出す時、最初に大事になるのは”心の準備”になります。

では、どのような心の準備が必要なのか?

それを理解していただくために、過去の相談者さまから頂戴した声をお聞きください。

40代女性 加藤智美さま(仮名)

大脇先生、どうもありがとうござました。

夫のモラハラを受けてきて、大脇先生に相談した時は、夫の機嫌に長年振り回されてきて、子供にもそのことで心配かけて、正直、疲れ果てていた時でした。

カウンセリングのおかげで自分の心の穴を克服でき、とても元気になりました。

その結果、とても文章では表せない、どう文章に書いてもきっと嘘っぽく見えてしまうほど、私の内心が変化しました。

本来の自分を取り戻したことで、自己肯定感がある対応を私は夫に対して取れるようになれて嬉しいです。

そして、私の変化は、夫との関係を、本来の関係に戻してくれました。

大脇先生の温かいカウンセリングに、大変感謝しています。本当にありがとうございました。

夫からモラハラを受けていると、夫への不満や文句がフツフツと沸いてきて、

”夫のせいで…私は…”
”夫さえ変わってくれれば…”

こんな風に思われるのは当然だと思います。

しかし、まずあなたから変わろうとしなければ、現状から抜け出すことはできません。

先にご紹介した相談者さまは、自分が変わったことを”本来の自分を取り戻した”とおっしゃいました。

モラハラ夫と一緒にいると、ずっと我慢を重ね、あなたは自分らしくいられないのではないでしょうか?

”夫がいつまたイライラして機嫌が悪くなるのかが心配…”
”だから、常に彼の機嫌を伺っていなければならない…”

いつもこんな風に夫に振り回されてしまえば、それだけで疲れてしまいますよね。

夫にばかり気を使って、一番大切なあなた自身のことを後回しにしなきゃいけない状態というのは、夫があなたの「自分らしくいる権利」を奪っているということです。

ですから、あなたにはまず”自分らしくいる権利”を夫から守れるようになって欲しいと思っています。

あなたに先に変わっていただきたいのは、夫のためではありません。
あなた自身のためになります。

そして、あなたが自分らしくいる権利を守るために、夫に対してきちんと対応できるようになれば、夫は自分から変わろうとします。

先ほどの相談者さまはこうおっしゃっていました。

「本来の自分を取り戻したことで、自己肯定感がある対応を私は夫に対して取れるようになれて嬉しいです。そして、私の変化は、夫との関係を、本来の関係に戻してくれました」

この章でお伝えしたかった心の準備とは、

”まず自分が変わる”

というお気持ちを持っていただくことになります。

そのことが夫のモラハラを治して、あなた個人の幸せと夫婦の幸せの両方を手にしていただくためのスタートラインになりますから。

夫といても自分らしさを保つ秘訣

夫婦関係において、あなたが自分らしくいられるようになるためには、夫との関係性を対等なものに変えていくことが重要になります。

私がカウンセリングで相談者さまからよくお聞きするのは、

「夫の機嫌が悪くなるとすべて私のせいにされます…」
「喧嘩になると、私が謝るまで終わりません…」

といったことです。

あなたも夫とこのような関係になっていないでしょうか?

一般的に、モラハラを受けつつも夫婦関係を修復したいと考えてる女性たちの多くは、夫の顔色を常に伺ったり、自分の気持ちを抑えたり、無理して夫の機嫌を取ろうとしたりして、夫と平穏な関係を結ぼうとします。

しかし、このような不平等な関係性の中にいると、決して自分らしくはいられませんよね。

あなたが自分らしくいられる関係とはどのようなものか、ちょっと思い出していただけますか?

夫以外の人間関係で、

”あの人と一緒にいると私は自分らしくいられるな…”
”一緒にいても疲れなくて楽だな…”

こんな風にフラット(対等)に付き合える人のことを思い出してください。

このような関係は、時として嫌なことは嫌だと正直に言えたり、相手にも本当の気持ちを話してもらえるようになったりしなければ、成り立たないものです。

このことは夫婦でも同じだと、私は思います。

夫ときちんと向き合えて、お互いに言いたいことが言え、お互いに理解し合えた、、、
良いことも悪いこともいろいろな想いを共有できた、、、

こうしたことを積み重ねて、お互いの信頼感を深めていけるのが理想ですよね。

また、夫と対等(フラット)な関係を作れるようになれば、その他の人間関係でも対等な関係を作るのが容易になります。

なぜなら、夫婦も人間関係の一つですから、他の人と対等な関係を作るのも本質的には変わらないからです。

ですから、

  • 子どもに対しては、ついうるさく言ってしまうとか…
  • 発達障害や思春期の子どもとの関係がうまくいかないとか…
  • 毒親との関係とか…
  • 会社の人間関係では、パワハラをされやすかったり、自分だけ仕事を押し付けられやすいとか…
  • 押しが強い営業マンに押し切られやすいとか…
  • ママ友からマウンティングされたり、周囲の目を気にしてしまうとか…

このような悩みもカウンセリングを受けると夫のことと一緒に解消できます。

では、夫婦や 他の人間関係においても対等な関係を作れるよう、モラハラ改善カウンセリングではどのようなステップでサポートさせていただいているのか?

次はこのことについてお話したいと思います。

夫のモラハラを治せると自分も幸せになる理由

この章では、相談者さまが夫と対等な関係を作ってモラハラを治せるよう、私はどのようなサポートをさせていただいているのか、についてお話させていただきます。

最初にお伝えしましたが、相談者さまがカウンセリングを受けるメリットは、夫の性格に合う適切な対処法を見つけられて、それを無理なく行動に移せるようにアドバイスとサポートをもらえることにあります。

たとえば、夫のモラハラ的な言動に対してどう言い返すといいか、ということを見ていく場合、「伝える内容」や「伝え方」だけでなく、他にも重要なことをアドバイスさせていただきます。

モラハラ夫の言動の特徴は、妻のことは気にかげず、自分のことしか考えていないものだったり、自分のルールを押し付けてきたりすることです。

また、モラハラ夫はそのスイッチが入ると感情的になるために、冷静かつ建設的に話ができません。
不平等で理不尽なことを「オレは正しい!」という態度と口調で言ってきます。

ですから、、、

”もう、責められたくない…”
”怒られたくない…”

そんな思いから、無意識のうちに夫に対して下手に出てしまう方は少なくありません。

また反対に、感情的になって夫に言い返してしまい、口喧嘩をしてしまう方もおられます。

そのような対応を根本から変えない限り、いくら正しいコミュニケーションの仕方を学んでも、実際には有効に使えないでしょう。

モラハラ改善塾では感情的になっている夫に対して”安全対話法”というコミュニケーション法を指導していますが、それを自然に使えるように、相談者さまには”自分軸”を持てるようになっていただきます。

自分軸がないと夫の機嫌や言動に振り回されてしまい、自分自身を冷静に保てないからです。

そして、自分軸という軸を自分の内面にしっかり立てるために、それを支える土台も必要になります。

その土台が『大丈夫感覚=自己肯定感です。

あなたが夫に振り回されずにきちんと対応できたという経験が持てると、それは自信になります。

また、前の章でお話したように子どもや親、職場の同僚や上司、ママ友などにもできるようになるとその自信はますます大きくなります。

すると、自分軸はブレなくなり、夫とも楽にコミュニケーションが取れるようになります。

こうしてうまく対処できたという経験が”継続”することで、夫婦関係は安定し、『私は何があっても大丈夫!』と思える大丈夫感覚は育ちます。

あなたがこの感覚を持てるようになれば、自分らしく生きることにもう迷いはなくなるでしょう。

ただし、その生き方は、決して独りよがりなものにはなりません。

なぜなら、あなたが身につける大丈夫感覚は、夫と対等な関係を結んだ経験から得られるものだからです。

ですから、『あなた個人の幸せ』『夫婦の幸せ』のどちらかを犠牲にするのではなく、両方をバランスよく手にすることができます。

夫のモラハラ改善塾では、相談者さまの人生においてこのような変化を実現していただけるよう、サポートとアドバイスをさせていただいています。

小冊子プレゼント

「どうせ夫は変わらない…」
そう思っていらっしゃいませんか?

75名中53人の女性が夫との関係を改善できている、そんな方法があります
その全てをモラハラ改善マニュアルとして小冊子(PDF)にまとめました。

あなたも今すぐ申し込みをして、モラハラ対処の正しい方法を学びませんか?

無料申し込みは↓をタップ

オススメ記事

無料!お試し電話相談のご案内

一度相談してみたいけど、

本当にここでいいのかな…
いきなり体験カウンセリングに申し込むのは少し心配…

このような不安もあるかと思います。

そして一歩踏み出すのを迷ってしまうという方のために、無料のお試し電話相談をご用意させていただきました。

お試し電話相談についての説明はコチラ↓

無料お試し電話相談のお申込みはこちらをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です