30代・40代女性の「夫源病」対策と治し方

夫へのストレスが原因で起きる「夫源病」。

カウンセラーとして女性のサポートをさせていただいていると、30代・40代女性の中にも沢山いらっしゃるのが分かります。

「夫源病」と聞くと、一般的には50代以降の女性に見られる症状だと思われがちですがそうではありません。

30代・40代は身体の不調があっても家事育児や仕事などで手一杯だったり、そのために自分のことが後回しになってしまったりして、気づきにくいと言われています。

この記事では、よく見られる「夫源病」の症状を解説した後に、ストレスチェックをしていただき、私が実際にカウンセリングでアドバイスさせていただいている対策と治し方をご紹介いたします。

夫源病とは

夫源病とは夫の言動が原因で妻がストレスを感じ、その溜まったストレスにより生じる身体の不調を言います。

その症状は病院で検査をしてもはっきりした異常が見つからない不定愁訴であるため、『夫源病』の第一人者である石蔵文信医師もカウンセリングをメインに治療を行なっているそうです。

主な症状は

頭痛、吐き気、動悸、めまい、食欲不振、過食、慢性疲労、だるさ、肩こり、首の痛み、胸の痛み、腰痛、背中の痛み、下腹部痛、集中困難、気力・意欲の低下、眠気、不眠

『夫源病』の症状には、それらが出てくるタイミングにも特徴が見られます。

40代前半のある女性の例です。

彼女は家事をするのが億劫になり、朝もなかなか起きられなくなっていました。

どうにか頑張って夫を仕事に送り出した後も、二度寝することが増えていたそうです。

ところが、夫が出張で2・3日家を空けると、割合元気で、朝早くから起きて好きなパン作りができてしまう。
友達と会っておしゃべりするのも楽しくて、その時の自分は生き生きしている。

でも、夫が出張から帰ってくると、また身体が動かなくなって、朝も起きられない。
この間までの元気はどこに行ったのかと思えるほど身体が重くて、別人のようになっていたと言います。

彼女のように夫が不在の時には症状が消えて、夫が帰宅するとそれがまた現れるという話はよく聞かれることです。

しかし、このことがさらに本人を苦しめる一因になります。

なぜなら、本人は家事や育児を怠けているわけではないからです。

元気でいたい気持ちはあるのに、身体がそれを拒否してしまう…。

このように自分の意志ではどうにもできない無力感もものすごくしんどいと思います。

妻を夫源病にさせる夫の特徴

妻を夫源病にさせる夫にはいくつかの特徴があります。

【特徴1】外面だけいい夫

夫源病の第一人者である石蔵医師は”外面だけがいい夫”についてこのようにおっしゃっています。

『外で愛想がいい夫に限って、家ではろくな会話もなく、妻に対する気遣いができないことが少なくありません。
「家族にまで気を使う必要はない」
「言葉にしなくても夫婦は分かり合える」
このように思っている夫を放っておくと夫源病が改善されることはありません』

【特徴2】モラハラ気質の夫

上記の【特徴1】と【特徴2】に加え、以下の5つ以上に夫が当てはまれば夫源病になる可能性があり、8つ以上であればすでに症状を発症している可能性があります。

  • 夫は人前では愛想がいいが、家では不機嫌
  • 上から目線で話をする
  • 家事には手は出さないが口は出す
  • 妻や子どもを養ってきたという自負が強い
  • 「ありがとう」「ごめんなさい」のセリフがほとんどない
  • 妻の予定や行動をよくチェックする
  • 仕事関係以外の交友や趣味が少ない
  • 妻がひとりで外出するのを嫌がる
  • 家事の手伝いや子育てを自慢する自称”いい夫”
  • 車のハンドルを握ると性格が一変する

〈引用元:文藝春秋オンライン〉

いかがでしたでしょうか。

あなたの夫はいくつ当てはまっていましたか?

夫源病の原因は夫からのストレス

前章の特徴を備えた夫からストレスを受け続けている妻の傾向として、

”自律神経のバランスを崩している”

ということが挙げられます。

ご存知の方も多いと思いますが、自律神経には交感神経と副交感神経があります。

交感神経はストレスを受けて身体が緊張モードになる時に働く神経で、副交感神経はストレスから解放されてリラックスしている時に働く神経になります。

健康な状態では、この2つの神経がバランスよく働いているのですが、夫へのストレスが溜まってしまうと交感神経ばかりが働きっぱなしになって、身体が過緊張状態になってしまいます。

こうなると、自律神経のバランスが崩れてしまい、それが原因となって夫源病(身体の不調)に悩まされてしまうのです。

また、自律神経の不調は慢性的な不安や過度な憂鬱感、イライラなどの感情を引き起こすことも知られています。

人によっては身体の不調よりも先に夫へのイライラが止まらないと訴える方もいます。

夫源病からうつ病になる方もおられますが、そういった心の不調も夫へのストレスが根本的な原因になっていると考えられます。

夫源病対策① ストレスチェックをする

夫のストレスが原因で身体の不調を抱えていても、自分のストレスに無自覚な方は意外と多いです。

そのため、夫源病対策としてまず大事になるのは、ストレスチェックになります。

これからご紹介するストレスチェックは、日本ストレスケア病棟研究会会長をされている精神科医の徳永雄一郎先生が作成されたもので、ストレスによる身体の不調だけでなく、脳疲労や脳不調もチェックできるところが夫源病対策として大変優れています。

とても簡単にストレス度をチェックできるので、早速、やってみてみましょう。

ストレスチェックの方法は、以下に挙げる項目に

・「当てはまる」= ◯
・「時々ある」= △
・「ない」

で答えていただいて、◯と△の数を数えておいてください。

後から、合計点数を算出します。

それでは◯と△をチェックするメモの用意はよろしいでしょうか?

あまり深く考えずにお答えください。

ストレスチェック・スタート

  • 日曜日はぐったりしている
  • 能率が悪くなり集中力が低下した
  • いつも仕事や家事に追われている感じがする
  • 物忘れが増えた
  • テレビや新聞を見ても内容が頭に入りにくい
  • 物事の判断がつきにくい
  • 頭痛がする
  • 肩こりや肩の痛みがある
  • 背中や腰が痛い
  • 後頭部が詰まった感じや痛みがある
  • 手や脇に汗が出やすい
  • 手が震える
  • 手足が冷たいことが多い
  • 息苦しくなることがある
  • 動悸がすることがある
  • 目が疲れる
  • めまいや耳鳴りがある
  • 音に敏感になった
  • 好きな物も食べる気がしない
  • 食事をしても味がしない
  • いつも食べ物が胃にもたれる
  • 吐き気や胃の痛みがある
  • 下痢や腹痛がある
  • 口が乾いたり、ネバネバしたりする
  • 最近体重が減った
  • 疲れやすい
  • 寝つきが悪い
  • 夜中に目が覚めやすい
  • 夢を見ることが多い
  • 朝、疲れが残り気持ちよく起きられない
  • いつも眠い
  • 風邪を引きやすく、治りにくい
  • 家でゆっくりくつろげない
  • 人と会うのがおっくうになった
  • 人と会うと、イライラしたり腹立たしくなったりする
  • 夫や子どもにあたることが多い
  • 家事や仕事をする気が起こらない
  • 身だしなみを整えるのが面倒になった
  • 自分が弱くなった感じがする
  • 気持ちが晴れない

チェックはこれで以上になります

お疲れ様でした。

◯と△の数はそれぞれいくつありましたか?

◯は1個2点。
△は1個1点。

最後に◯と△の点数を合計してください。

ストレス度の評価

  • 0~14点
    問題なし
  • 15~34点
    中等度のストレス
  • 35~39点
    重度のストレス
  • 40点以上
    夫源病だけでなく
    うつ病も疑われるレベル

〈ストレスチェック引用元:「脳疲労」社会 ストレスケア病棟からみえる現代日本/徳永雄一郎著〉

あなたのストレス度はいかがでしたか?

では、これからは、最初に34点未満[中等度のストレス]だった方への夫源病対策をご紹介して、その後に、35点以上でもうすでに夫源病が疑われる方への治し方をお話していきます。

夫源病対策② マイクロフロー状態に入る

フロー理論というものが心理学にあります。

フローというのは非常に強い集中力をキープした状態で、自分という感覚や時間感覚が消滅し(忘我)、何もかもがうまくいく精神状態のことを言います。

アスリートやミュージシャンの世界では「ゾーンに入る」とも言われ、仏教でいう無我の境地もフローに入った状態だと言われています。

夫源病対策としてご紹介するマイクロフロー(浅いフロー体験)とは、上記のような深いフロー体験と本質的には繋がっていて、しかも、日常生活の中で私たちが何気なく行っているオフの時間に訪れるものになります。

たとえば、

  • ただボーッとする時間を取る
  • ぼんやりと白昼夢にふける
  • 友達と夫の愚痴を言い合う
  • 近所をぶらーっと散歩する
  • 椅子に腰掛けて、昔好きだった好きな音楽をYoutubeで探して、聴く
  • 読もうと思って買ったのに、そのままにしていた本を開けてみる
  • 最近やってなかった趣味のことをネットで調べてみる
  • 美味しいスイーツをじっくり味わう

このような日常の何気ないオフの時間というのは、一見、無意味で無駄なもののように思われがちですが、実はマイクロフローと呼ばれ、私たちの自律神経のバランスを健康に保つ上でとても重要になります。

夫からストレスを受け続けて過緊張が続いている状態では、自分から意識的にオフの時間を作るように心がけないと、自律神経のオンとオフの切り替えがうまくできなくなってしまうからです。

夫源病対策には、自律神経のバランスを崩さないようにすることが大事になります。

そのために、普段から意識的にオフの時間をちょこちょこ作って、マイクロフローに入ることを心がけてください。

このような何気ない習慣が、夫からの中程度のストレスでザワザワした心に安定と安心をもたらしますから。

夫源病の治し方

次は夫から受けているストレスが重度で、すでに夫源病の症状が疑われる方向けの治し方をお話していきます。

夫源病の原因は夫から受けるストレスですので、根本的な治し方は夫からストレスを受けないようにすることになります。

そのためには2つのステップがあって、、、

まず一つは、夫からのストレスを受け流せるようになること。

このスキルが身につくとこれまでストレスになっていた夫の言動が、ストレスにならなくなります。

そして二つ目は、夫のストレスフルな言動を元からやめさせることです。

夫のストレスを受け流せるようになれば、夫の嫌な言動に心を傷つけられず、また感情も乱されないので、夫のストレスフルな言動を元からやめさせるための効果的な対処を取ることができます。

”でも、本当に夫の嫌な言動をやめさせることは可能なの?”

そう思われる方は少なくないでしょう。
夫の性格だから変わらない、とおっしゃる方もいるでしょうね。

ご説明した2つのステップで特に重要なのは1つ目の、夫からのストレスを受け流せるようになることになります。

そもそも夫源病の症状が出ているのは、ストレスを受け流せずにいるからです。

夫の攻撃をいちいち受けていると前には進めません。

前に進んでいる実感が持てなければ、夫婦関係を変えていけるという希望を見出すこともできず、諦めしか浮かばない、、、

”本当に夫の嫌な言動をやめさせることは可能なの?”
こうおっしゃる方の心境は本当は諦めに近いものではないでしょうか?

もしそうだとしたら、まずは前に進めることを考えましょう。

前に進めるように、あなたの内面に目を向けてストレスを受け流せる強い心を手に入れてください。

※ ストレスを受け流せるようになる方法については次回の記事でご説明する予定です。

まとめ

夫源病は夫から受けるストレスが原因で生じる身体の不調です。

30代・40代女性にも症状をお持ちの方は多いですが、家事や育児、仕事などで自分のことが後回しにされてしまい、症状に気づきにくいケースも確認されます。

夫源病対策としてまず重要になるのは、ストレスチェックをして自分がどれくらいのストレスを今現在抱えているのかを測ること。
そうして、ご自分のことを客観的に診てみてください。

その結果に応じて、さらなる対策と、すでに症状が疑われる方へは夫源病を治すためのポイントをご説明しました。

もうすでに夫源病の症状が出ているということは「夫婦関係を良くして欲しい」または「もう限界近くにきている」という身体の声だと思います。

夫源病を治すにはその声に耳を傾けて、現在の夫婦関係について真剣に考えていただきたいと思います。

小冊子プレゼント

「どうせ夫は変わらない…」
そう思っていらっしゃいませんか?

75名中53人の女性が夫との関係を改善できている、そんな方法があります

その全てをモラハラ改善マニュアルとして小冊子(PDF)にまとめました。

あなたも今すぐ申し込みをして、モラハラ対処の正しい方法を学びませんか?
無料申し込みは↓をタップ

あなたにオススメの記事があります

もしあなたがひどい夫(モラハラ)でお悩みならば、オススメの記事があります。
夫のモラハラに対処する方法を身につけて、心安まる夫婦関係に変えていけるように、そのポイントを分かりやすく解説しています。

⇒ 夫のモラハラカウンセリングの特徴

⇒ モラハラ被害者に見られる共依存の特徴

⇒ モラハラの原因と、モラハラ夫の心理とは?

⇒ 治るモラハラ。治らないモラハラ。その決定的な違いは?

無料!お試し電話相談のご案内

一度相談してみたいけど、

本当にここでいいのかな…
いきなり体験カウンセリングに申し込むのは少し心配…

このような不安を持たれている方がいらっしゃると思います。

そういった不安のせいで、せっかく夫のモラハラを治すチャンスがあるのに、それを逃してしまうのはもったいないので、モラハラ改善塾では最初に無料のお試し電話相談をご用意させていただいています。

まずはお気軽にご相談ください。

お試し電話相談についての説明はコチラ↓

無料お試し電話相談のお申込みはこちらをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です