モラハラ被害者のPTSD。最も症状が辛いのはいつ?

モラハラ被害者のPTSD。最も症状が辛いのはいつ?

モラハラを長期間にわたって繰り返し受け続けると、それがトラウマになります。

PTSDの症状は、その時の記憶をふとした拍子に思い出してフラッシュバックが起きたり、それで急に感情が不安定になって苦しくなったりします。

この記事では、その症状が最も辛く出るのはいつなのか?
そのことについてお話します。

PTSDの症状が出るのはいつ?

PTSDの「P」は、英語のPostで「後」という意味です。

つまり、PTSDというのはトラウマになる状況から解放された”後”に表れる症状を言います。

ですから、夫のモラハラによってPTSDの症状が出る場合、一番危ないのは離婚した後になります。

離婚をすると、夫からモラハラをされ続けて緊張と恐怖下に置かれていた状況から解放されます。
しかし、夫のモラハラから解放されたとしても、心がその平和な状態に慣れるまでにはものすごく時間がかかるものです。

PTSDは、モラハラをされ続けて緊張と恐怖下にあった状態から、離婚して平和な状態に変わる『環境的・心理的ギャップ』が引き金になって引き起こされます。

そのため、PTSDの症状はモラハラを受け続けている時には表れません。

離婚して、3ヶ月目くらいからガーンと落ち込んだり、フラッシュバックが起きたりする…。

これがPTSDになります。

PTSDの症状

PTSDの主な症状には3つの特徴が見られます。

  • 神経が過敏になる過覚醒
  • 嫌な場面を思い出すことやそれを連想させる状況を避けようとする回避行動
  • トラウマ的な場面が脳裏にありありと浮かんできて、それに圧倒されるフラッシュバック

厚生労働省のサイトには、これらの特徴がどのように表れるのかが分かりやすく説明してありましたのでご紹介します。

・・・・

『PTSDになったからといって、いつでも不安になっているとか、暗い表情を浮かべているわけではありません。
多くの人はできるだけトラウマを忘れようとし、無理をしてでも明るく振る舞おうとしています。

しかし急に涙ぐんだり、恐怖がこみ上げてきたり、あるいはぼんやりとして話が耳に入らないということがあります。

落ち着きがなくなったり、些細なことで怒ってしまったりということもあります。

本人の内心では「忘れていよう」と思っていても、ふとした拍子に体験のつらい記憶が突然思い出されたり、その時の光景がありありと浮かんできたりします。

また、常にトラウマの記憶が思い出されることを恐れているので、緊張が続き、取り乱したり、注意が散漫になったりしがちです。

つらい記憶を忘れるために、急にぼんやりとしたり、自分の体の感覚がなくなっていったりすることもあります。
周囲の人々と一見普通に話していても、目に見えない膜が一枚挟まっているようだと感じられます。

さらに、PTSDになると、自分への自信や周囲への信頼を失ってしまいます。

将来についていろいろと思い描くことができず、自分には将来があるのだろうかと感じることもあります。

DVやモラハラなどは、被害にあったこと自体を人に知られることが恥ずかしかったり、自分に落ち度があると思い込んだりすることが多くみられます。

それだけではなく、近親者から逆に不注意を叱られたりすることもあります。

こうしたことが重なって、ますます自信をなくし、自分には何もできないとか、誰にも理解してもらえないといった考えになりがちです。』

〈引用:厚生労働省ホームページ〉

モラハラ離婚。ちょっと待って!

インターネットでモラハラ離婚をされた方の記事を見ると、「離婚して良かった」という書き込みをよく見かけますが、実際は、その裏で、「数ヶ月~数年間は心が辛かった」というPTSDの症状を訴える方も少なくありません。

弁護士はモラハラ離婚のリスクを教えてくれない

ネットでモラハラを検索すると、「モラハラは治らない!」、
「離婚するしかない!」という弁護士のサイトがたくさん出てくると思います。
また、自治体の女性相談センターに行っても相談員は離婚を勧めます。

しかし、弁護士や相談員はモラハラ離婚のリスクを教えてはくれません。

なぜだか分かりますか?

弁護士や相談員は、離婚後にやってくるモラハラ被害者の心理的苦悩、”PTSD”を防ぐための必要なサポートができないからです。

PTSDを防ぐには

私がサポートさせていただいている相談者さまの中にも離婚を選択される方はいます。

そのような方には、PTSDの症状が出ないよう離婚前に夫とのわだかまりを完全に解消して、新しい人生を後ろを振り返らずに前だけを向いて歩いていけるようにサポートいたします。

そもそも、夫のモラハラが原因で離婚を選択する方の目的は何でしょうか?

相談者さまからよく聞かれることの一つに

”自分らしい人生を取り戻したい”

というものがあります。

実は、自分らしさを取り戻すことは夫のモラハラを改善して、夫婦仲を修復をする場合にも必要になるものの一つです。

では、どうしたらそれを取り戻せるのでしょうか?

それは、夫のモラハラによって傷つけられた心の傷を手当てして、自己肯定感を回復させること。

そして、過去に夫からされたモラハラの記憶や自分のネガティブな感情に振り回されない自分軸を持てるようになること。

この両方が必要になります。

離婚をした後のPTSDを防ぐ場合でも、夫婦仲を修復する場合でも、本当の意味で夫のモラハラから解放されるには、心の傷を手当てして、自分らしさを取り戻さなければならないのです。

まとめ

モラハラ被害者がPTSDの症状で苦しい時期を迎えるのは離婚をした後になります。

離婚をする前の心が辛い症状はモラハラを受けたトラウマによるものなので、その心の傷を完全に癒さない限りは離婚後もそのマイナスの影響をずっと引きずってしまう…

これが私たちの心になります。

このような心の特徴を理解した上で夫のモラハラを改善したり、離婚をしたとしても新しい人生を後ろを振り返らずに前だけを向いて歩いていけるようになれたりすることが大事になります。

それが本当の意味で『夫のモラハラから解放される』ということになるのです。

小冊子プレゼント

「どうせ夫は変わらない…」
そう思っていらっしゃいませんか?

75名中53人の女性が夫との関係を改善できている、そんな方法があります

その全てをモラハラ改善マニュアルとして小冊子(PDF)にまとめました。

あなたも今すぐ申し込みをして、モラハラ対処の正しい方法を学びませんか?
無料申し込みは↓をタップ

あなたにオススメの記事があります

もしあなたがひどい夫(モラハラ)でお悩みならば、オススメの記事があります。
夫のモラハラに対処する方法を身につけて、心安まる夫婦関係に変えていけるように、そのポイントを分かりやすく解説しています。

⇒ 夫のモラハラカウンセリングの特徴

⇒ モラハラ被害者に見られる共依存の特徴

⇒ モラハラの原因と、モラハラ夫の心理とは?

⇒ 治るモラハラ。治らないモラハラ。その決定的な違いは?

無料!お試し電話相談のご案内

一度相談してみたいけど、

本当にここでいいのかな…
いきなり体験カウンセリングに申し込むのは少し心配…

このような不安を持たれている方がいらっしゃると思います。

そういった不安のせいで、せっかく夫のモラハラを治すチャンスがあるのに、それを逃してしまうのはもったいないので、モラハラ改善塾では最初に無料のお試し電話相談をご用意させていただいています。

まずはお気軽にご相談ください。

お試し電話相談についての説明はコチラ↓

無料お試し電話相談のお申込みはこちらをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です