夫が怖い…その恐怖心やトラウマを克服するには?

不機嫌な夫から怒鳴られたりして怖い想いをすると、その恐怖心がトラウマとなって定着してしまうことがあります。

この記事では、「夫が怖い」という経験がトラウマになる仕組みと、それを克服するためのアドバイスをさせていただきます。

「夫が怖い」その恐怖心を克服することが大事な理由

女性としては、男性である夫から不機嫌になると怒鳴られたり、威圧されたりするとすごく怖いと思います。

中には、夫から怒られたことがあまりにも怖すぎて、トラウマになってしまう女性も少なくありません。

すると、夫が不機嫌になりそうだと思っただけで動悸がしてドキドキしてしまったり、焦ってしまったり、、、
実際に夫から怒鳴られるとめまいがしたり、怖くて息が苦しくなったり、過呼吸になったり、、、

そんな風に無意識に身体が反応するようになります。

でも、もし何らかの奇跡が起きて夫への恐怖心が無くなったとしたら、夫への対応はどんな風に変わるでしょうか?

おそらく、ビクビクすることがなくなり、夫に気を使って疲れることがなくなるでしょう。
そして、夫のモラハラ(精神的DV:怒鳴る、暴言、理不尽な説教、無視、人格否定など)に対して上手に立ち回れるようにもなります。

夫によって植え付けられた恐怖心は、心理的に妻を拘束し続けます。
ですから、夫が怖いという方はモラハラ対処法を身につけていく上でも、夫への恐怖心やトラウマを克服することは極めて重要になります。

「夫が怖い」という経験がトラウマになる仕組み

不機嫌な夫から怖い想いをさせられると妻の自己肯定感が傷つけられます。

自己肯定感が傷つくケースは2パータンあって、夫からモラハラ(精神的DV:怒鳴る、暴言、理不尽な説教、無視、人格否定など)を受けることで傷つく場合。

そして、自分がどんなに努力しても夫のモラハラは治らないという無力感によっても傷つけられます。

そうして、自己肯定感という心のバリアが崩壊すると『恐怖、不安、緊張』が妻の心と身体に染み付いてしまい、「夫が怖い」というトラウマが形成されて、夫から心理的に縛られてしまうのです。

こうしたトラウマの形成は、サーカス団が象をしつける際に利用する方法とよく似ています。

赤ちゃん象は身体が小さくて力も弱いので、杭に繋がれると自由に身動きが取れません。
その状態が長く続くと、赤ちゃん象は自由に動くのを諦めて、杭に繋がれた鎖の範囲内だけで行動するようになるのだそうです。

そして、サーカス団にとっては都合の良いトラウマをその象に植え付けることができます。

それは、「この杭に繋がれたら自由には動けない」というものです。

そのために、象は大きく成長した後でも、赤ちゃんの頃に形成されたトラウマに心理的に縛られてしまいます。
大人の象の体格には到底見合わない貧弱な杭に繋がれても、逃げようとしなくなるのです。

夫が怖いというトラウマの形成もこれと同じ仕組みで、妻に植え付けられます。

夫が怖いと、自由に自分の好きなこともできない

モラハラを受けている人の中には夫から心理的に束縛されて”自分の好きなこと・やりたいことができない”とおっしゃる方が多いです。

夫が怖いせいで自分の好きなことも自由にできないのは、本当に辛いですよね。

でも、安心してください。

過去の相談者さまの中には夫のモラハラを改善して、以下のような自由を手にされています。

専業主婦で夫から『仕事はさせない!仕事をしたら離婚だ!』と断固反対されていた中で、自分がずっと憧れていた仕事に就けて、なおかつ夫を納得させることもできました

「家計を支えてもらっている夫の目を気にしてずっと躊躇していたフラダンス教室に通うことができました。お化粧やおしゃれも楽しめて、女性としての自信も取り戻せました」
「北欧に1年間、留学する決心をして、怖かった夫からも好意的にバックアップしてもらえました」

では、どのようにして彼女たちは夫への恐怖心やトラウマを克服できたのでしょうか?

「夫が怖い」そのトラウマを克服するには

夫への恐怖心やトラウマは、妻の自己肯定感が傷ついて心のバリアが崩壊していることが原因です。

心のバリアが崩壊している状態では、不機嫌になった夫から怒鳴られるがままで、自分自身を守ることができません。

ですから、夫への恐怖心やトラウマを克服するには、自己肯定感を回復させる必要があります。

自己肯定感を回復させる方法はネットで調べるとたくさん出てきます。

よく知られているものをいくつか挙げると、、、

  • ポジティブな言葉を心がける
  • 自分の感情を自己受容する
  • ノートに自分の感情を書き出してみる

これらの方法は、自己肯定感の傷が浅い方には効果的だと思います。

ですが、モラハラ夫への強い恐怖心やトラウマを克服できるレベルのものではありません。

私は、お一人で克服するのは難しいと感じている方にはカウンセリングをおすすめしています。

先ほど、自己肯定感が傷つくケースは2パータンあるとお伝えしました。

夫からモラハラ(精神的DV:怒鳴る、暴言、理不尽な説教、無視、人格否定など)を受けることで傷つく場合。

そして、自分がどんなに努力しても夫のモラハラは治らないという無力感によって傷つけられる場合です。

カウンセラーはただ相談者さまの話を聞くだけではなくて、相談者さまと一緒に夫と向き合います。

いつでもLINEで相談してもらえばお話をお聞きしますし、「夫から怒られて、どんな風に言い返せばいいでしょうか?」と聞かれれば、そのためのアドバイスもします。

カウンセラーは相談者さまの味方です。

夫の性格に合う対処の仕方を見つけて、夫からモラハラをされる関係を着実に変えていけるようにサポートします。

そして、夫から植え付けられている恐怖心やトラウマから相談者さまを自由にします。
自由を手にして、やっと相談者さまの自己肯定感は回復するのです。

こうして夫への恐怖心やトラウマから解放されれば、あなたの未来はどんな風に変わるでしょうか?

小冊子プレゼント

「どうせ夫は変わらない…」
そう思っていらっしゃいませんか?

75名中53人の女性が夫との関係を改善できている、そんな方法があります

その全てをモラハラ改善マニュアルとして小冊子(PDF)にまとめました。

あなたも今すぐ申し込みをして、モラハラ対処の正しい方法を学びませんか?

無料申し込みは↓をタップ

あなたにオススメの記事があります

もしあなたが夫のモラハラでお悩みならば、オススメの記事があります。
夫のモラハラに対処する方法を身につけて、心安まる夫婦関係に変えていけるように、そのポイントを分かりやすく解説しています。

⇒ モラハラの原因と、モラハラ夫の心理とは?

⇒ モラハラ被害者に見られる共依存の特徴

⇒ 治るモラハラ。治らないモラハラ。その決定的な違いは?

⇒ 【夫のモラハラ改善塾】の特徴

無料!お試し電話相談のご案内

一度相談してみたいけど、

本当にここでいいのかな…
いきなり体験カウンセリングに申し込むのは少し心配…

このような不安を持たれている方がいらっしゃると思います。

そういった不安のせいで、せっかく夫のモラハラを治すチャンスがあるのに、それを逃してしまうのはもったいないので、モラハラ改善塾では最初に無料のお試し電話相談をご用意させていただいています。

まずはお気軽にご相談ください。

お試し電話相談についての説明はコチラ↓

無料お試し電話相談のお申込みはこちらをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です