DV相談センターで受けたモラハラの二次被害!

先日、クライアントさまのお話をお聞きしていて、ある人に”憤り”を覚えることがありました。

その人は誰かというと、、、DV相談センターの相談員になります。

クライアントさまはその相談員から二次被害を受けて「辛い思いをしました」とおっしゃいました。

相談員から正義感に満ちた口調でこう言われ続けたというのです。

「モラハラは治りません。だから、離婚するしかないですよ!」

彼女の本心は、”夫との関係修復を諦めたくない”というものでした。

そのことを相談員に伝えているのに、

「どうして周りの人を不幸にする夫のところに戻るんですか?」

「早く離婚する方があなたのためですよ!」

このようなことをたたみ込むように言われて、彼女は傷つき、こう思ったのだそうです。

”修復したいと思っている私が悪いって言われているみたいでした…”

モラハラの二次被害を防ぐために

モラハラの二次被害を防ぐために、カウンセラーの私も含めて援助する側の人が、

「モラハラは治るのか?治らないのか?」

そのことをクライアントさまにお伝えする前にもっと大事にしなければならないことがあるはずです。

それは、クライアントさまの心に寄り添うこと。

援助者が自分の考えに固執して、それをクライアントさまに押し付けてはいけません。

”クライアントさまはどうしたいとおっしゃっているのか”

”どんなゴールを望まれているのか”

このことにちゃんと心を寄せてもらって、クライアントさまにとってのベストな援助が受けられないと、本当の意味で救われたとは思えないのではないでしょうか?

いくら”正しいこと”だからといってそれを押し付けられては、誰でもいい気分はしないものです。

”どうせ夫は変わらない”と諦めて、自分一人で抱えてしまう人もいらっしゃる中で、”それでもどうにかしたい”と勇気を出して相談に来られているのです。

今の苦しみから一刻も早く解放されるように、クライアントさまが望んでいることは何なのか?

そのことを丁寧にお聞きして、クライアントさまがポジティブな気持ちで理想の状態を叶えられるように、サポートとアドバイスをさせていただきたいと思っています。

⇒ 著者:モラハラ改善カウンセラー 大脇秀一郎のプロフィールはこちら

小冊子プレゼント

「どうせ夫は変わらない…」
そう思っていらっしゃいませんか?

75名中60人の女性が夫との関係を改善できている、そんな方法があります
その全てをモラハラ改善マニュアルとして小冊子(PDF)にまとめました。

あなたも今すぐ申し込みをして、モラハラ対処の正しい方法を学びませんか?

無料申し込みは↓をタップ

オススメ記事

無料!お試し電話相談のご案内

一度相談してみたいけど、

本当にここでいいのかな…
いきなり体験カウンセリングに申し込むのは少し心配…

このような不安もあるかと思います。

そして一歩踏み出すのを迷ってしまうという方のために、無料のお試し電話相談をご用意させていただきました。

お試し電話相談についての説明はコチラ↓

無料お試し電話相談のお申込みはこちらをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です