モラハラ夫と夫婦仲修復か離婚か?決断できない方へ

こんにちは。
夫のモラハラ改善カウンセラーの大脇です。

夫のモラハラで悩んでいる方から、以下のような相談を受けることがあります。

「私は夫との夫婦仲を修復したいのか?それとも離婚したいのか?自分がどうしたらいいのか決断できません…」

夫のモラハラから解放されたいけど、その方法として夫のモラハラを治すか、離婚を選択するか、どうちらも選べずに葛藤しているという方がおられます。

こうした相反する気持ちに挟まれて、身動きが取れないのは辛いですよね。

ですから、まずはこの葛藤を解決して自分の納得できる答えを出せれば、少しは前向きになれます。

そして、あなたの人生を後悔のないものに変えていく力が自然と生まれます。

しかし、この葛藤を解決しないでいると、このままズルズルと何も変わらないままに、時間だけが過ぎ去ってしまうということになりかねません。

人によっては年単位という時間があっという間に過ぎてしまった、というお話もお聞きします。

この記事では、なぜ決断できないのかの主な原因を説明し、葛藤を解決する方法をお話します。

”修復か離婚か?決断できないのはモラハラによる洗脳が原因!

離婚か修復かの葛藤を解決できない理由の一つに、モラハラ夫による洗脳の影響が考えられます。

モラハラによる洗脳は、夫の以下ような言動によって受けてしまいます。

「俺の言っていることは正しい!」

「俺の言う通りにしないお前が間違っている!」

「だから怒るのは当然だ!」

「悪いのはお前だ!」

このように一方的に夫から言われ続け、夫は妻の言うことを全然聞いてくれない。
どうしたって妻が悪いことになる。
そして、黙りこんでも怒られ、反論しても怒られる。

相談者さまの中には、そのうち不眠がひどくなったり、心に不調が出てきたりして心療内科に行くと、夫から「やっぱりお前の頭がおかしいんだ」と言われてしまう…

そうして、妻はだんだん自分に自信をなくし、

”私が悪いんだ”
”私がダメなんだ”

このように夫の言葉を内面化させてしまいます。

これがモラハラによる洗脳です。

このような洗脳のために、次第に妻は自分の判断に自信を持てなくなり、「夫婦仲を修復するか離婚するか、どうしたらいいのか決断できない」と葛藤するようになります。

夫婦仲修復か離婚かの葛藤を解決できるようになるには?

実は、夫婦仲修復か離婚かの葛藤を解決する前に手当てされなければならないものがあります。

それは、、、

モラハラの洗脳によって失われた妻の自信です。

そして、妻の心の奥底にずっしり重くのしかかっているものを軽くしなければなりません。

修復するにも自信が持てないし、離婚後の自立した生活にも自信が持てない。

そう考えるのは妻のせいではありません。

すべて夫のモラハラによる洗脳のせいになります。

ですから、まずはそこを手当てして、自信を取り戻せるようになりましょう。

それさえできれば修復か離婚かの葛藤をうまく解決して決断することができます。
そして、どちらを選択しても、きっとうまくやれると思います。

洗脳から脱する方法としてよく言われるものは?

モラハラ夫から洗脳を受けた方に対してよくアドバイスされる方法があります。

それは、、、

「自分の気持ちを紙に書いて、吐き出しましょう」

このようなものです。

または、「他の人に自分の気持ちを話して聞いてもらいましょう」といったものもあります。

あなたもこのような方法をネットや本で読んだり、専門家から聞いたりしたことがあるのではないでしょうか?

この方法で洗脳から脱するには、”しんどくても夫に対する強い感情をきちんと言葉に出せるかどうか”にかかっています。

しかし、私のカウンセリングではこの方法を相談者さまにアドバイスすることはありません。

なぜか?

それよりもっと早く効果的な方法があるからです。

洗脳を受けた相手に「倍返し!」それが一番スッキリするのでは?

モラハラによる洗脳が他の場合の洗脳と違っていることがあります。

それは、洗脳を受けた相手(夫)が目の前にいる、ということです。

彼に対する自分の気持ちを独りで紙に書き出したり、他人に聞いてもらうより、夫に直接伝えられるようになればどうでしょう。

そして、夫があなたの気持ちを分かってくれたとか、今までとは違う言葉をかけてくれたとか、そのような手応えを得られるようになれば…

あなたは夫のことが怖くなくなるのではないでしょうか?

そうして自信をつけて、洗脳から脱していただくのです。

夫婦仲修復か離婚かで迷っている方への適切なサポートは?

”夫婦仲修復か?離婚か?”

これらの相反する気持ちに挟まれて動けなくなっている人が前に進めるようになるには、どのようなサポートを受ける必要があるのでしょうか?

そのことを説明するために、先に受けてはいけないサポートをお話します。

それは…

「~しなさい」
「~してはダメ」

このようにカウンセラーの意見を押し付けてくるサポートになります。

たとえば、

「諦めずに修復しなさい」

「離婚してはダメ」

と一方的に修復を押し付けてきたり、

「モラハラは治らないから早く離婚しなさい」

「どうしてそんな夫と別れられないの?」

と離婚を押し付けてきたりするものです。

こんな風にカウンセラーから言われてしまうと、自分の気持ちを分かってもらえずに余計に辛くなってしまいます。

さらに、そのカウンセラーの意見を信じてやったとしても、あなたの心の深いところ(潜在意識)が本当に納得できていなければ、夫のモラハラを治そうと思ってもうまくいかず、離婚しても過去のわだかまりや洗脳を解消できずに、この先もそれを引きずってしまうでしょう。

ですから、相談者さまがきちんと納得できる決断を下せるまで、たとえ相談者さまの気持ちがあっち行ったり、こっち行ったり揺れ動いたとしても、忍耐強く相談者さまの気持ちに寄り添ってもらえるサポートが必要になるのです。

私のカウンセリングは基本的に夫婦仲修復をサポートするものになりますが、結果的に離婚を選択される方もおられます。

そして、そのような相談者さまには夫との過去のわだかまりを綺麗さっぱり解消していただいて、前だけを向いて新しい人生を歩んでいただけるようにサポートさせていただいています。

”夫婦仲修復か離婚か、今はどちらも決断できずに辛いです…”

このような方は、カウンセリングではまず”どちらも決断できずに辛い”という気持ちを受け止めてもらって、自分の中で納得いく決断ができるようにサポートしてもらえるのが良いかと思います。

お一人でグルグル悩んで決断を下せないという方は、是非ご相談にいらして下さい。

⇒ 著者:モラハラ改善カウンセラー 大脇秀一郎のプロフィールはこちら

小冊子プレゼント

「どうせ夫は変わらない…」
そう思っていらっしゃいませんか?

75名中60人の女性が夫との関係を改善できている、そんな方法があります
その全てをモラハラ改善マニュアルとして小冊子(PDF)にまとめました。

あなたも今すぐ申し込みをして、モラハラ対処の正しい方法を学びませんか?

無料申し込みは↓をタップ

オススメ記事

無料!お試し電話相談のご案内

一度相談してみたいけど、

本当にここでいいのかな…
いきなり体験カウンセリングに申し込むのは少し心配…

このような不安もあるかと思います。

そして一歩踏み出すのを迷ってしまうという方のために、無料のお試し電話相談をご用意させていただきました。

お試し電話相談についての説明はコチラ↓

無料お試し電話相談のお申込みはこちらをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です